Ars cum natura ad salutem conspirat

 

ソプラノ 松岡万希
異国の調和


~イタリアのうた、
日本のうた~


出演:
松岡万希 (まつおか まき) ソプラノ
14歳より声楽を学び、兵庫県立西宮高等学校音楽科を経て、京都市立芸術大学音楽学部声楽専攻を首席で卒業、東京藝術大学大学院修士課程音楽研究科オペラ専攻を修了。
 リリックな響きと豊かな声量を持ち、イタリア・ロマン派作品の演奏を得意としている。その歌唱は1999年毎日新聞社主催「第53回全国学生音楽コンクール」声楽部門 大学・一般の部 全国第1位優勝、2004年「第2回東京音楽コンクール」声楽部門 第1位優勝、「第3回長久手オペラ声楽コンクール」第3位、「第9回コンセール・マロニエ21」声楽部門 第1位優勝、2009年「第28回飯塚新人音楽コンクール」声楽部門 第1位優勝、など高く評価され続けている。2001年京都市芸術文化特別奨励者に、2006年度文化庁新進芸術家海外留学制度にて研修員に選定されイタリアに渡る。留学中はフィレンツェを拠点に演奏活動を行い、その中でも「第3回G.Martinelli-A.Pertile国際声楽コンクール」第4位、「第17回Mario Del Monaco国際声楽コンクール」ファイナリスト・ディプロマ、また2008年ミラノ・ロゼートゥム年間主要歌手として選定されたことは特筆される。2008年に帰国、兵庫県立芸術文化センターでの「帰国記念リサイタル」を皮切りに国内での演奏活動を再開し2010年、東京・京都においてのリサイタルの好演は記憶に新しい。
 東京藝術大学在学中は林康子女史より、またイタリア留学中は往年のオペラ歌手M.リナルディ女史より正統なベル・カント唱法の手ほどきを受け、そのテクニックは近年ますます充実してきている。

野山 真希 (のやま まき) ピアノ 
東京芸術大学音楽学部器楽科、同大学院修士課程、バンクーバー音楽院(カナダ)アーティスト・ディプロマコース卒業。全日本学生音楽コンクール大阪大会中学校の部第3位、ケイミークコンクール(カナダ)アリス・ダイアナ・ブレイ賞、第9回パシフィックコンクール(カナダ)第3位他。東京芸術大学演奏芸術センター企画「2000年ショパン全曲演奏会(監修:ハリーナ・ツェルニー・ステファンスカ)」他、多数の演奏会に出演。2001年、2003年、2004年(スポンサー:SONY)2005年(スポンサー:TOYOTA)、バンクーバーにてソロリサイタル開催。2003年クルージ・ナポカ(ルーマニア)にてルーマニア国立トランシルヴァニアフィルハーモニックと共演。2005年、ソロアルバム「Le Voyage」をリリースした他、化粧品会社ORBIS主催「至福の時間」に出演、プラハの室内オーケストラ「アンサンブル・グレース」のメンバーと共演(司会:高田万由子)。2006年チェコ5都市にてソロ、カルテット及びコンチェルトの演奏会に出演。2007年バンクーバー・メトロポリタンオーケストラ(カナダ)の記念演奏会に招かれ、同オーケストラと共演。2008年チェコの2都市にてマルティヌ弦楽四重奏団と共演。同年より(株)ヤマハ企画によるコンサートにおいて北海道から九州まで各地で公演を行う他、現在は後進の指導にもあたっている。神戸山手女子高等学校音楽科講師。

日時: 2011年3月12日(土)午後2時開演
申込期日: 2011年2月17日(消印有効)
プログラム: Georg Friedrich H?ndel (1685 ? 1759) : “Serse” Ombra mai fu(Largo)
ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル : オペラ「セルセ」より 樹木の陰で(ラルゴ)
Georg Friedrich H?ndel : “Rinaldo” Lascia ch’io pianga
ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル : オペラ「リナルド」より 私を泣かせてください

山田 耕筰(1886- 1965) : 樹立
Kousaku Yamada : The clump of tree

Gioacchino Rossini(1792 - 1868)
: “Les soir?es musicales” La danza (Tarantella Napoletana)
ジョアッキーノ・ロッシーニ :「音楽の夜会」より 踊り(ナポリのタランテラ)

中田 章(1886 - 1931) : 早春賦
Akira Nakata : An Ode to Springtime

Ottorino Respighi(1879 - 1936) : Stornellatrice
オットリーノ・レスピーギ : ストルネッロを歌う女

多 忠亮(1895 - 1929) : 宵待草
Tadasuke Ono : Evening primrose

Franco Alfano(1875 ? 1954) : Mamma, il giovane principe
フランコ・アルファーノ : かあさん、王子さまが

佐々木 すぐる(1892 - 1966) : 月の沙漠
Suguru Sasaki : The Desert Under The Moonlight

Gioacchino Rossini(1792 - 1868) : “SEMIRAMIDE” Bel raggio lusinghier
ジョアッキーノ・ロッシーニ : オペラ「セミラミデ」より 麗しい光が

Giacomo Puccini(1858 - 1924) : “Madama Butterfly” Un bel d?
ジャコモ・プッチーニ : オペラ「蝶々夫人」より ある晴れた日に
定員: 200名
入場料: 無料

 

宇都宮三花 ピアノリサイタル



出演:
桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。2001年渡独。
ドイツ・フライブルク国立音楽大学大学院を審査員満場一致の首席で卒業。第46回全日本学生音楽コンクール東京大会本選入選。ディアナエ・ネムス国際ピアノコンクール第2位(伊)、モーツァルト国際ピアノコンクール第2位(伊)。これまでにノスティッツ弦楽四重奏団、ポーランドにてオポーレ・フィルハーモニーオーケストラと共演。現地のラジオ放送出演。2006年アメリカンウィンドシンフォニーオーケストラアメリカツアーにゲストピアニストとして参加。2006年日本演奏連盟主催「宇都宮三花ピアノリサイタル(東京文化会館)」に引き続き2007年、2008年とリサイタルを行い好評を得る(日本大学カザルスホール・東京文化会館)。2007年「宇都宮三花CDファーストアルバム」デビュー、
渋谷タワーレコードにてインストア・イベントを開催。2008年NHK-FM「名曲リサイタル」出演。他に室内楽コンサート、歌曲伴奏などアンサンブルでも活躍。これまでにピアノを大江美津子、柴沼尚子、川島伸達、江戸弘子、ティボー・サス、室内楽をティボー・サス、ライナー・クスマウル、クリストフ・ヘンケル、ミヒャエル・バウマン、歌曲伴奏をアズィズ・コルテルの各氏に師事。2007年より尚美ミュージックカレッジピアノ科講師。

日時: 2011年1月23日(日)午後2時開演
申込期日: 2010年12月30日(消印有効)
プログラム: Wolfgang Amadeus Mozart
ヴォルフガング・アマデウス・モーツアルト(1756-1791)
12 Variationen “Ah, vous dirai-je,maman” KV265
「ああ、お母さん、あなたに申しましょう」による12の変奏曲 作品265                                    
               

Ludwig van Beethoven
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770-1827)
Sonata “Moonlight” Op.27-2
ピアノソナタ「月光」作品27-2 


Franz Liszt 
フランツ・リスト(1811-1886)
Three Concert Studies “ La leggierezza” S.144-2
3つの演奏会用練習曲より「軽やかさ」作品144-2  
Six Grand Etudes “ La campanella”   S.141-3
パガニーニ大練習曲より「ラ・カンパネラ」 作品141-3
    
Pause ~休憩~ 

Fr?d?ric Chopin
フレデリック・ショパン(1810-1849)
Polonaise Op.26
ポロネーズ 第1番 作品26               
Polonaise Op.26 -6
ポロネーズ 第6番 「英雄ポロネーズ」 作品26
Nocturne Op.9-1
ノクターン 第1番 作品9  
Nocturne  Op.9-2
ノクターン 第2番 作品9   
Ballade Op. 52
バラード  第4番 作品52
定員: 200名
入場料: 無料

 

岩見玲奈 マリンバリサイタル


~音の絵~


出演:
岩見 玲奈(Reina Iwami)/ Marimba
兵庫県高砂市出身。日ノ本学園高等学校音楽科卒業。
第8回神戸新聞文化財団松方ホール音楽賞審査員奨励賞受賞。ベルギー国際マリンバコンクール2007ソロ部門第2位受賞。第25回日本管打楽器コンクール打楽器部門第1位受賞。
ザルツブルク国際マリンバコンクール2009第1位受賞。これまでに関西フィルハーモニー管弦楽団、ソフィアフィルハーモニー管弦楽団、日本フィルハーモニー交響楽団などと共演。
現在、東京音楽大学大学院器楽専攻管打楽器研究領域(打楽器)1年在学中。大学院特別特待奨学生。2010年度(財)ロームミュージックファンデーション奨学生。
これまでに松本真理子、前川典子、菅原淳、有賀誠門、岡田真理子、村瀬秀美、藤本隆文、久保昌一の各氏に師事。加養浩幸指揮・土気シビックウインドオーケストラとの共演によるCDがリリースされている。


柴原 誠 (Makoto Shibahara)/ Percussion 
長崎県生まれ。東京音楽大学器楽専攻(打楽器)卒業。
第22回日本管打楽器コンクール打楽器部門第1位。読売新聞社主催第76回読売新人演奏会に出演。
現在、新日本フィルハーモニー交響楽団打楽器奏者。これまでに、菅原淳、岡田眞理子、藤本隆文、久保昌一、関修一朗の各氏に師事。


 
森 浩司 (Koji Mori)/ Piano
東京音楽大学ピアノ演奏家コース、同大学研究科卒業。卒業後はフリー奏者として、ソロ、伴奏、CD製作、読売日本交響楽団、東京都交響楽団の定期演奏会への参加等、幅広く活動中。
これまでの活動に「岩城宏之とその仲間達 打楽器コンサート」、赤十字国際活動支援CD「花と星」製作とコンサート、2009年9月には今上陛下御即位20年を祝う御寺泉涌寺夜間特別拝観の奉祝音楽奉納に、打楽器奏者菅原淳氏の伴奏者として参加などがある。
ピアノ集団「ザ・ピアノ」メンバー。アンサンブル「セブンステラ」サポートメンバー。

日時: 2010年11月21日(日)午後2時開演
申込期日: 2010年10月31日(消印有効)
プログラム: 安倍 圭子 (1937~)
Keiko Abe

わらべ歌による譚章
Variations on Japanese Children's Songs


村瀬 秀美(1976~)
Hidemi Murase

アグロメレーション ~マリンバのための~
Agglomeration for Marimba

石井 眞木 (1936~2003)
Maki Ishii

飛天生動Ⅲ
Hiten-SeidouⅢ

村松 崇継 (1978~)
Takastugu Muramatsu

ランド
Land

一柳 慧(1933~)
Toshi Ichiyanagi

パガニーニ・パーソナル~マリンバとピアノのための~
Paganini Personal for marimba and piano


(休憩)
Richard Rodgers (Mayumi Sekizawa)(1902~1979)
リチャード. ロジャース(編曲:関澤 真由美)

My Favorite Things
私のお気に入り ~ザ・サウンド・オブ・ミュージックより~

Anders Koppel(1947~)
アンダース. コッペル

Toccata for Vibraphone and Marimba
トッカータ ~ヴィブラフォンとマリンバのための~

Emmanuel Sejourne(1961~)
エマニュエル. セジョルネ

マリンバと弦楽のための協奏曲
Concerto for Marimba and Strings
定員: 200名
入場料: 無料

 

向山美穂 ピアノ・リサイタル



出演:
向山美穂(むこうやまみほ)
東京都出身。5歳よりピアノを始める。東京都立芸術高校音楽科、東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。在学中、第18回ピティナコンペティションG級、日本アンサンブルコンクール入賞。草津国際アカデミーに奨学生として参加。
同大学研究科修了後渡独。ドイツ、フランクフルト国立音楽大学に入学、フランクフルトでのソロリサイタルをはじめ、ベルギー、アルデンヴィーゼン「EURONIPPON FESTIVAL」等、ドイツ内外の数多くの演奏会にソロ、室内楽などで出演。
2004年同大学を首席で卒業後、同大学演奏家課程にて、さらに研鑽を積む。
2008年日本演奏連盟主催、東京文化会館小ホールにてリサイタルを開催。
帰国後は、ソロ、室内楽、器楽伴奏などで、リサイタル、各種コンサートでの演奏活動を行うほか、2009年よりピティナコンペティションの審査員をつとめる。
これまでにピアノを深澤亮子、山口幸子、武田真理、湯口美和、東誠三、ヘルベルト・ザイデル、室内楽をライナー・ホフマンの各氏に師事。現在、東京音楽大学にて後進の指導にあたっている。日本演奏連盟会員、全日本ピアノ指導者協会正会員。

日時: 2010年9月20日(月・祝)午後2時開演
申込期日: 2010/9/1
(消印有効)
プログラム: Johan Sebastian Bach : Partita Nr.5 G-dur BWV829
ヨハン セバスティアン バッハ(1685‐1750) :パルティータ 第5番 ト長調 BWV829

Frederic Francois Chopin : 2 Nocturnes ( No.7 , No.8) Op.27-1 cis-moll
-2 Des-dur
フレデリック フランソワ ショパン(1810-1849) : 2つの夜想曲(第7番、8番)
                            作品27-1 嬰ハ短調
                                -2 変ニ長調

                   :4 Mazurka (No.42-45) Op.67-1 G-dur
                                  -2 g-moll
                                  -3 c-moll
                              -4 a-moll
                 :4つのマズルカ(第42-45番) 作品67-1 ト長調
                                  -2 ト短調
                                  -3 ハ長調
                             -4 イ短調

                 :Polonaise No.7 `Polonaise-Fantasie` Op.61
ポロネーズ第7番 変イ長調 作品61

休憩

Robert Schumann : Carnaval Op.9 As-dur
ロベルト シューマン(1810 -1856) : 謝肉祭 作品9 変イ長調
定員: 200名
入場料: 無料

 

神武夏子 ピアノ・リサイタル


ベル・エポック 1920


出演:
神武夏子(こうたけ なつこ) ピアニスト

ピアニスト。武蔵野音楽大学音楽学部ピアノ科卒業。フランス
留学後、サティとフランス6人組の音楽に出会い、1999年、プ
ーランク生誕100年祭記念コンサートを主催。 現在、リサイタ
ルを中心に、サロン・コンサート、ラジオ出演など、さまざま
なかたちでサティとフランス6人組の音楽を紹介するほか、
詩人の藤富保男氏と、ピアノと詩の朗読によるパフォーマンス
「詩を奏でる」を各地で公演。 2002年、CD「cafe des six」
、2006年、CD「カフェ・プーランク」を発表。 2007年、NHK-FM
「名曲リサイタル」に出演。
http://www3.to/cafe-des-six

日時: 2010年7月24日(土)午後2時開演
申込期日: 2010年7月8日(消印有効)
プログラム: Erik SATIE
エリック・サティ(1866‐1925)
1ere Gymnopedie
ジムノペディ 第1番
1ere Gnossienne
グノシエンヌ 第1番
Je te veux
ジュ・トゥ・ヴー
La Diva de ‘’l’Empire’’
エンパイア劇場のプリマドンナ
Tendrement
優しく(Aki Takahashi編曲)
Le Piccadilly
ピカデリー

Francis POULENC
フランシス・プーランク(1899‐1963)
Novelette
3つのノヴレット 
第1番 ハ長調 第2番 変ロ短調 第3番 ホ短調ファリァの主題による 
Napoli
ナポリ
Barcarolle / Nocturne / Caprice italian
舟歌 / ノクターン / イタリアン・カプリス
Theme Varie
主題と変奏より
主題 / 変奏3 パストラル / 変奏XI ファイナル
Improvisation
即興曲より
第1番 ロ短調 / 第2番 変イ長調 / 第7番 ハ長調 / 第12番 変ホ長調「シューベルト讃」
                                他
定員: 200名
入場料: 無料

 

小瀧俊治 ピアノ・リサイタル



出演:
小瀧 俊治(こたき としはる)ピアノ
宮城県出身。3歳よりピアノを始める。
私立東北学院高等学校を経て、東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業。在学中、特待奨学金を得る。現在、同大学院2年に特待奨学生として在学中。
2005年、第49回全東北ピアノコンクール第3位。
2006年、第13回上齋原ピアニストキャンプにおいて、エモリー賞受賞。翌年、米エモリー大学(アトランタ)に招かれピアノリサイタルを行う。
第17回彩の国・埼玉ピアノコンクールにおいて、特別奨励賞ならびに彩の国・埼玉ピアノコンクール賞を受賞。
2007年、第14回彩の国・埼玉ピアノ演奏会に出演。
2009年、第4回東京芸術センター記念ピアノコンクール入選。
第18回ABC新人コンサートオーディション合格、ザ・シンフォニーホールにて演奏会に出演。
第14回コンセール・マロニエ21第1位。フレッシュアーティスト ガラ・コンサートに出演。
また在学中より、杉並公会堂、音楽工房「ログ」等でのジョイントリサイタルや、サクソフォーンの深澤智美、トランペットの真野亜莉沙と共にEnsemble Tripticを結成し演奏会を開催、また3月には東京芸術センター「天空劇場」にてピアノリサイタルを開催するなど積極的に演奏活動を行っている。
これまでに、五味渕ゆかり、飯原やす子、手塚真人、小林朱美、渋谷るり子の各氏に師事。現在、弘中孝、山口泉恵の両氏に師事。また、角野裕、清水和音、M.ラエカッリオ、C.エルトン、V.ラターシェ、P.ネルセシアン、B.リグット、V.トロップ、T.ゼリクマンの各氏にも指導を受ける。
オフィシャルブログ http://ameblo.jp/toshiharukotaki-pf/

今後の演奏予定
2010年9月12日(日)/栃木県交響楽団特別演奏会(ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番 Op.58他) 会場:栃木県総合文化センターメインホール

日時: 2010年5月23日(日)午後2時開演
申込期日: 2010年5月8日(消印有効)
プログラム: Wolfgang Amadeus Mozart
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791)
Piano Sonata D-dur K.576
ピアノ・ソナタ ニ長調 K.576

Frederic Chopin
フレデリック・ショパン(1810-1849)
Polonaise-Fantasie As-dur Op.61
ポロネーズ 第7番 変イ長調 作品61「幻想」

Maurice Ravel
モーリス・ラヴェル(1875-1937)
La Valse
ラ・ヴァルス

‐pause‐

Franz Liszt
フランツ・リスト(1811-1886)
Vallee d'Obermann (Annees de pelerinage, Premiere annee-Suisse S160 Nr.6)
巡礼の年第1年「スイス」より第6曲「オーベルマンの谷」

Sergei Rachmaninov
セルゲイ・ラフマニノフ(1873-1943)
Piano Sonata No.2 b-moll Op.36(1931Edition)
ピアノ・ソナタ 第2番 変ロ短調 作品36(1931年版)
定員: 200名
入場料: 無料

Copyright Setagaya Art Museum. All Rights Reserved.