Ars cum natura ad salutem conspirat

講演会「触察本『手で見る北斎』ができるまで」


葛飾北斎の〈富嶽三十六景〉のなかでもよく知られている《神奈川沖浪裏》。その魅力を、目が見える人も見えない人も、ともに等しく発見できる画期的な触察本『手で見る北斎』がこのほど出版されました。企画・制作にあたったのは、ギャラリーTOMを拠点に、長年にわたり視覚障害者の美術鑑賞の可能性を追究してきた岩崎清氏です。この講演会では、同書がどのような試行錯誤のなかでできあがったのか、そのプロセスを岩崎氏へのインタビュー形式によりご紹介いたします。


出演: 岩崎清(NPO法人視覚障害者芸術活動推進委員会代表、ギャラリーTOM副館長)
日時: 3月2日(土) 14:00~
申込方法: 当日先着 〔13:30より受付開始〕
会場: 2階講義室
定員: 60名
参加費: 500円(障害者とその介助者は無料)

スタイケン展関連企画

ワークショップ「誰もいない美術館で」vol.36「スタイケン@ミュージカル」


波乱万丈の写真家の人生を音楽劇にする?!閉館後の「誰もいない美術館で」発表します。


出演: 柏木陽(演劇家、NPO法人演劇百貨店代表)、片岡祐介(音楽家)
日時: 2月10日(日)&11日(月・祝) 両日とも13:00~18:00(発表会=11日19:00~)
申込締切日: 先着
申込方法: 電話もしくはHP申込/先着
電話申込…世田谷美術館 教育普及課 03-3415-6346(月曜休)
会場: 当館地下創作室
定員: 10代の方10名、20代以上の方10名
参加費: 10代の方500円、20代以上の方2500円(2日間通し)


スタイケン展関連企画

オープニング・レクチャー「スタイケンの写真と人生―光こそ真の魔術師だ」


本展の国際巡回監修者が、スタイケンの生涯と作品の魅力について語ります。


出演: 講師:ウィリアム・A. ユーイング(スイス・エリゼ美術館元館長)
日時: 2013年1月27日(日)14:00~16:00
申込方法: 当日先着 〔午前10時より整理券配布〕
逐次通訳、手話通訳付き
会場: 当館講堂
定員: 150名
参加費: 無料


スタイケン展関連企画

100円ワークショップ


どなたでもその場で気軽に参加できる工作など。


日時: 会期中の毎土曜日 13:00~15:00
申込方法: 時間中随時受付
会場: 当館地下創作室
対象: どなたでも
参加費: 参加費:一回100円


松本展関連企画

対談 「画家・竣介の実像、生活と芸術と」


出演: 講師: 中野淳氏 〔画家、竣介の後輩〕
松本莞氏 〔建築家、竣介の次男〕
聞き手: 杉山悦子 〔当館担当学芸員〕
日時: 2012年12月15日(土) 14:00~15:30
申込方法: 当日先着 〔午前10時より整理券配布〕
手話通訳付き
会場: 当館講堂
定員: 150名
対象: どなたでも
参加費: 無料


松本展関連企画

100円ワークショップ「体験!?油絵」


どなたでも、その場で気軽に参加できる体験工作コーナー


日時: 2012年11月24日(土)以降、会期中に土曜日すべて(ただし、12月29日はお休み)13:00 ~15:00
申込方法: 時間中随時受付
会場: 当館地下創作室
対象: どなたでも
参加費: 参加費:一回100円
その他: 図版:松本竣介 《象》 1943-46年頃


松本展関連企画

講演会 「松本竣介の生涯と作品」


出演: 講師: 粟津則雄氏 〔文芸評論家〕
日時: 2012年11月24日(土) 14:00 ~15:30
申込方法: 当日先着 〔午前10時より整理券配布〕
手話通訳付き
会場: 当館講堂
定員: 150名
対象: どなたでも
参加費: 無料


BACK TO NATURE 2012
自然の中でアートする、爽快感あふれる森林ワークショップ


上州の山々で晩秋の気配が漂い始める頃、利根郡川場村の山林で繰り広げられるのが、このバックトゥネイチャーです。上州武尊山麓南側に広がるこの山林は山の中腹にあるため眺望に恵まれ、森林浴をしながら榛名山、谷川岳といった名峰の遠景を楽しむことが出来ます。昼間はそんな自然豊かな場所で思いっきり身体を動かして作品づくり。夜には満天の星空と流れ星を仰いでのナイトツアー。楽しみは尽きません。心が自然に帰る日々です。


出演: リーダー:スタン・アンダソン(造形作家)
自然をフィールドに作品を制作している日本では希少な存在のアーティスト。デイヴィット・ナッシュ、
リチャード・ロングといった自然派の作家とも交流があり、彼らが来日の折には制作パートナーとして
活躍している。群馬県在住。
日時: 11月18日(日)13:30~15:00
場所:世田谷美術館講義室
11月23日(金・祝)~25日(日)
場所:川場村「なかのビレジ」
申込方法: 申込方法:往復ハガキにお名前、ご住所、ご連絡先をご記入のうえお申込下さい。
申込締切日11月8日(消印有効)

*11月18日はワークショップの概要と現地のガイダンスとを行います。[希望参加制]
*11月23日~25日は現地集合・解散(上越新幹線「上毛高原」駅から送迎バス利用)
*宿舎は世田谷区民健康村・なかのビレジ別館の「森の村」。川場の伝統的民家を模した建物です。三方を森に囲まれ、開けた南西側は眺望抜群。また、ここから見る日没風景は絶品です。宿泊費は2泊3日食事付(昼は別料金)で7,992円です。
*部屋は基本的に4人一部屋になります。
定員: 30名
対象: 16歳以上の大人
参加費: 3,000円(交通費、宿泊費は別)
その他: お問合せ・申込先:
世田谷美術館「BACK TO NATURE」係
〒157-0075 東京都世田谷区砧公園1-2 TEL:03-3415‐6011


対話する時間展関連企画

ライヴ「平井真美子 Piano Diary 2012 ~対話する時間~」


「対話する時間」展をしめくくる、展示作品によせて作曲されたピアノ曲などをお届けするコンサート。
以下の来場者特典がございます。
(1)コンサートチケット(及び半券)を当館受付にご提示いただくと、「対話する時間」展チケットを2割引(一般1000円→800円)でお求めいただけます。(コンサート当日に限ります。)
(2)「対話する時間」展チケット(及び半券)をコンサート受付にてご提示いただくと、当日でも事前予約料金(3000円)でコンサートチケットをお求めいただけます。(ただしお席に余裕がある場合に限ります。)


出演: 平井真美子(ピアニスト/コンポーザー)
日時: 2012年11月11日(日) 14:00~(開場13:00)
※チケット受付は11:00~
申込方法: (1)ノーヴァスアクシスの ホームページより
(2)直接メールにて、ticket@novusaxis.comまで。
件名を「11/11平井真美子・世田谷美術館公演/予約」とし、本文に①お名前、②  ご希望枚数、③ご連絡先電話番号、④ご連絡先メールアドレス(送信元と異なる場合)を明記して下さい。
※ ご予約確定後、確認メールをお送りします。
※ 公演当日11時より入場チケットの引き換えを開始します。
※ キャンセル・枚数変更の際は必ずticket@novusaxis.comへメールにてご連絡をお願いいたします。
会場: 当館講堂
定員: 100名・全席自由(未就学児童はご遠慮下さい)
参加費: 事前予約3000円/当日3500円
その他: 主催・お問い合わせ:novus axis(ノーヴァスアクシス)www.novusaxis.com
共催:公益財団法人せたがや文化財団世田谷美術館
平井真美子公式HP  www.hirai-mamiko.com


―建築意匠學入門―

銭湯のある街歩き<川口編>
別冊・銭湯パラダイス


昭和の趣きがある商店街、路地、工場、銭湯など街の特色や文化を身近に感じる街歩きです。


出演: 案内人:町田 忍(庶民文化研究家)
日時: 11月3日(土)、17日(土) 13:00~16:00(両日とも体験入浴あり)
申込方法: 往復はがきにお名前、ご住所、ご連絡先をご記入のうえお申込み下さい。(連名可)
申込締切日:10月20日(消印有効)
会場: 場所:3日は川口駅周辺/17日は西川口、蕨駅周辺
定員: 25名
対象: 16歳以上の大人
参加費: 無料(交通費、入浴料など実費は別)
その他: お問合せ・申込先:
世田谷美術館「別冊・銭湯パラダイス」係
〒157-0075 東京都世田谷区砧公園1-2
TEL:03-3415-6011

共催:川口市立アートギャラリー・アトリア


対話する時間展関連企画

美術と演劇のワークショップ「えんげきのえ」


絵があり、木々があり、風がふく。そんな世田谷美術館で、小さなドラマを発見しませんか?


出演: 柏木陽(演劇家、NPO法人演劇百貨店代表)
日時: 2012年10月28日(日) 13:00~18:00
申込締切日: 先着
申込方法: HP申込/先着
会場: 当館地下創作室
定員: 20名
対象: 10歳以上
参加費: 500円


―萬KENBUN録―

続々・レトロ建築再生ギャラリー


都内随所に残る昭和期の木造建築。しかし、街の再開発などによって年々その数は減少し続けています。一方、そうした「時の名残り」を留める建物や空間をアートスペースとして再生、活用している例も少なくありません。このコースは昨年の開催以来好評を博しているプログラムの第三弾。アートを切り口にして、下町巡りの人気スポット、谷中、根津、千駄木の戦前戦後のレトロ建築を中心に巡ります。


出演: 案内人:世田谷美術館学芸員
日時: 10月27日(土) 13:00~16:30(現地集合、解散)
申込方法: 往復はがきにお名前、ご住所、ご連絡先をご記入のうえお申込下さい。(連名可)
申込締切日:10月17日(消印有効)
会場: ・千駄木(旧・質屋)大正6[1917]年築、昭和25年[1950]年増改築
 ギャラリー・マルヒ
・根津(旧・青果店)大正8[1919]年築
 喫茶・ギャラリー りんごや
・池之端(個人住宅)昭和5[1930]年築
 GALLERY 藍染
・谷中(旧・柏湯)昭和26[1951]年築(柏湯創業・天明7[1787]年)
 スカイ ザ バスハウス
・東上野(旧・個人住宅)昭和34[1959]年築
 Gallery & Space しあん
 *全て徒歩での移動、かなり歩きます。歩きやすい靴でご参加下さい。
定員: 30名
対象: 16歳以上の大人
参加費: 500円(交通費など実費は別)
その他: お問合せ・申込先:
世田谷美術館「続々・レトロ建築再生ギャラリー」係
〒157-0075 東京都世田谷区砧公園1-2
TEL:03-3415-6011


対話する時間展関連企画

ぷる・ま・しぇり ~こどもといっしょに~「この作品、どんな匂いがするのかな?」


小さなお子さんと一緒に、美術館の作品や空間を匂いから楽しむプログラム。


出演: 井上尚子(美術作家)
日時: 2012年10月26日(金) 14:00~15:30
申込締切日: 抽選
申込方法: HP申込/抽選/10月7日締切
※お申込みの際、備考欄に①参加者全員の人数 ②お子様の年齢 を必ずご記入下さい。
会場: 当館講堂他
定員: 20組
対象: 3~5歳の幼児とその保護者(親子2人1組、兄弟がいる場合3人1組も可)
参加費: 1組500円


対話する時間展関連企画

ボランティア・シンポジウム「誰かと一緒に作品を見るということ~対話を介する美術鑑賞について」


多くの美術館ではボランティアによる対話を介する美術鑑賞を取り入れています。「誰かと一緒に作品を見る」ことはどういうことなのか検証します。


出演: 一條彰子(東京国立近代美術館主任研究員)
郷泰典(東京都現代美術館教育普及担当学芸員)
森山純子(水戸芸術館現代美術センター教育プログラムコーディネーター)
モデレーター:
東谷千恵子(世田谷美術館主任学芸員)
高橋直裕(世田谷美術館教育普及課長)
日時: 2012年10月8日(月・祝) 14:00~16:00(開場13:30)
申込方法: 当日先着順(10:00よりエントランスホールで整理券を配布)
会場: 当館講堂
定員: 150名
参加費: 無料


川場村交流ワークショップ

世田谷美術館×世田谷区民健康村交流ワークショップ「水の、みなもと」


利根川の源流をはじめ、いくつもの川のみなもとを持つ川場村の渓流にて絵を描きます。豊かな水の流れ、自然、温泉、地場産の料理、川場村で心を満たす1泊2日です。


出演: 三宅一樹(彫刻家)
日時: 2012年9月29日(土)、30日(日) ※1泊2日(29日13:30現地集合、30日16:00現地解散)
申込方法: ハガキまたはファックスにて、①イベント名、②住所、③氏名(要ふりがな)、④年齢、⑤電話番号を明記の上、世田谷区民健康村までお申込みください。※申込締切8月31日(消印有効)
【お申し込み・お問い合わせ先】
〒378-0101 群馬県利根郡川場村谷地1320 世田谷区民健康村  
Tel:0278-52-3311 Fax:0278-52-3313
会場: 群馬県川場村世田谷区民健康村
定員: 20名
対象: 18歳以上の世田谷区または川場村在住・在勤・在学者
参加費: 9000円(宿泊・食事・保険代・画材等含む) ※交通費は含まれません


建築意匠學入門

東京二塔物語(とうきょうにとうものがたり)
~銭湯パラダイス秋季番外編~


かつては庶民生活の「社交場」として賑った銭湯も、今日では年々件数が減少しています。しかし、地域コミュニケーションが稀薄になってしまった今だからこそ、銭湯の役割は再認識されなくてはなりません。意匠を凝らした銭湯建築を鑑賞するとともに、地域と共存する銭湯の役割を再考します。今回は秋空の下、東京タワーと東京スカイツリー、新旧二つのランドマークタワーとその周辺の銭湯を巡る番外編として仕立てました。勿論、全日程とも体験入浴あり。お風呂道具をお忘れなく。


出演: 案内人:町田 忍(庶民文化研究家)
日時: ①9月23日(日)②9月29日(土)③10月6日(土)
13:30~17:00(現地集合、解散)
*一日だけの参加申込みも可
*天候などによりコースに多少の変更が生じる場合があります。なお、全日程とも懇親会を予定しています。
申込方法: 往復はがきにお名前、ご住所、ご連絡先をご記入のうえお申込下さい。(連名申込可)
申込締切:9月13日(消印有効)
会場: ①東京タワー周辺の街と銭湯(六本木一丁目~白金高輪~三田)
②お仲入りー二塔の間の街と銭湯(千駄木~白山~菊坂下)
③東京スカイツリー周辺の街と銭湯(鐘ケ淵~東向島~押上)
定員: 30名
対象: 16歳以上の大人
参加費: 2,500円(3日分・交通費など実費は別)1日参加は1,000円
その他: お問合せ・申込先:
世田谷美術館「東京二搭物語」係
〒157-0075 東京都世田谷区砧公園1-2 TEL:03-3415-6011


対話する時間展関連企画

100円ワークショップ


どなたでもその場で気軽に参加できる工作など。


日時: 2012年9月22日(土・祝)以降会期中の毎土曜日 13:00 ~15:00
申込方法: 時間中随時受付
会場: 当館2階展示室体験・ワークショップ・コーナー
参加費: 100円


対話する時間展関連企画

ギャラリーツアー「青い鳥を探して」


童話『青い鳥』のストーリーになぞらえて、展覧会をご案内するツアーです。


日時: 2012年9月22日(土・祝)以降会期中の毎土曜日 13:00~(所要約1時間)
申込方法: 各日13:00に当館エントランスホールに集合
会場: 当館1階・2階展示室
定員: 各日20名(先着順)
対象: 小学生以上
参加費: 無料 ※展覧会入場券が必要です


対話する時間展関連企画

ジェームズ・タレル《テレフォン・ブース》体験


光のアーティスト、ジェームズ・タレルの体験型作品《テレフォン・ブース》。ひとりずつ中に入り、約10分間移り変わる光を楽しむ作品です。

※フラッシュや光の刺激に弱い方はご遠慮ください。
※体験日は、9月22日、9月29日、10月6日、10月13日、10月20日、10月27日、11月3日、11月10日です。参加申込フォームの備考欄に希望体験日を必ずご記載ください。時間については当館で指定します。

★申し訳ありませんが、すでに各日とも定員に達しましたので、申込を締め切らせて頂きます。たくさんのご応募ありがとうございました。★


日時: 2012年9月22日(土・祝)以降会期中の毎土曜、13:00~16:00
申込方法: HPより要事前申込。参加申込フォームの備考欄に体験希望日を明記のこと。時間については当館が指定します。
会場: 当館2階展示室体験・ワークショップ・コーナー
定員: 各日15名(申込先着)
対象: 16歳以上の方
参加費: 無料


対話する時間展関連企画

プレワークショップ「こども美術大学」作品展


小学4年生から中学生までを対象にしたプログラム「こども美術大学」の参加者が、夏休みから9月にかけての5日間に、美術史を学び、現代美術に触れて制作した作品の展示。


日時: 2012年9月19日(水)~11月11日(日)
会場: 当館ライブラリー前
参加費: 無料


対話する時間展関連企画

記念対談「現代美術の伴走者との対話」


出演: 安齊重男(アート・ドキュメンタリスト)
酒井忠康(当館館長)
日時: 2012年9月15日(土) 14:00~15:30 (開場13:30)
申込方法: 当日先着順(10:00よりエントランスホールで整理券を配布)
会場: 当館講堂
定員: 150名
参加費: 無料
その他: 手話通訳付き


「村山知義の宇宙」展関連企画

ワークショップ「誰もいない美術館で」vol.35 「朝から晩までの演劇」


朝から晩まで2日間、美術館で演劇をつくりましょう!発表会は閉館後に行います。


出演: 柏木陽(演劇家/NPO法人演劇百貨店代表)
日時: 2012年9月1日(土)・2日(日)両日とも10:30~18:00 発表会2日19:00~
申込締切日: 先着
申込方法: 電話もしくはHP申込/先着
電話申込…世田谷美術館 教育普及課 03-3415-6346(月曜休)
会場: 当館地下創作室他
定員: 10代の方10名、20代以上の方10名(2日間通し)
参加費: 10代の方500円、20代以上の方2500円
その他: ※申し訳ございませんが、本ワークショップは定員に達したため、受付を終了させていただきました。


「村山知義の宇宙」展関連企画

ぷる・ま・しぇり ~こどもといっしょに~ 絵本の読み聞かせとそれに関連した創作


村山知義の描いた絵本、『しんせつなともだち』や『おなかのかわ』の読みきかせとそれに関連した楽しい創作をします。1回目と2回目の内容は異なります。お楽しみに!


出演: 藤田百合(絵本研究)
日時: 2012年8月26日(日) 11:00~11:45(1回目)、14:00~14:45(2回目)
申込締切日: 抽選
申込方法: HP申込/抽選/8月10日(金)締切 
お申込みの際、備考欄に①1回目(11:00~11:45)/2回目(14:00~14:45)のうちご希望回、②参加者全員の人数、③お子様の年齢 を必ずご記入下さい。
会場: 当館講堂
定員: 各回20組
対象: 3~5歳の幼児とその保護者
参加費: 参加費:500円


「花森安治と暮しの手帖」展関連企画

講演会「花森安治の編集術」


雑誌『考える人』(新潮社)に「花森安治伝」を連載中の津野海太郎氏をお招きし、元編集者の視点から傑出した編集者・花森の編集術についてお話しいただきます。


出演: 津野海太郎(作家)
日時: 8月25日(土)14:00‐15:30
申込方法: 当日先着順(10:00より整理券を配布)
会場: 当館講堂
定員: 150名
参加費: 無料
その他: 手話通訳付


「村山知義の宇宙」展関連企画

ナイトツアー2012


閉館後の美術館を探検し、貸切の展覧会を満喫する贅沢なツアー。夏休み恒例企画。


日時: 2012年8月25日(土) 18:30~20:00
申込締切日: 抽選
申込方法: HP申込/抽選/8月15日(水)締切
会場: 当館館内全域
定員: 20名
対象: 小学4年~中学生
参加費: 無料


葉っぱワークショップ

葉っぱワークショップ


葉っぱを描き続ける「葉画家」群馬直美さんと一緒に葉っぱを描くオープンアトリエ。


出演: 群馬直美(葉画家)
日時: 2012年8月23日(木) 13:30~16:00
申込締切日: 抽選
申込方法: HP申込/抽選/8月13日(月)締切
会場: 創作室
定員: 30名
対象: どなたでも
参加費: 1000円


世田谷区芸術アワード“飛翔”

第3回世田谷区芸術アワード“飛翔”募集開始


<生活デザイン><舞台芸術><音楽><美術><文学>の5つの部門で、次代を担う若手アーティストを奨励する世田谷区芸術アワード“飛翔”。
第3回目の募集を開始しました。

<美術>部門の受賞者には、創作支援金50万円を授与し、2013年秋に、世田谷美術館区民ギャラリーにて、自作を発表していただきます。

他部門を含む本アワード全体の概要については、世田谷区文化・国際課「アワード事務局」のサイトをご覧ください。


日時: 申込期間:2012年8月20日~9月2日
申込方法: 募集要項ほか詳細については、以下のPDFをご覧ください。

共通募集要項.pdf
美術部門募集要項.pdf
応募用紙.pdf


対話する時間展関連企画

「対話する時間」展プレワークショップ「こども美術大学」


9月15日から開催の「対話する時間」展を10倍楽しむためのプレワークショップです。作る・見る・考える ̄美術館の希望をフルに活用して、5日間で美術を丸ごと実感する本格的な講座です。


日時: 2012年8月14日(火)、15日(水)、16日(木)、9月16日(日)、17日(月・祝) 13:30~16:30
申込締切日: 抽選
申込方法: HP申込/抽選/7月31日(火)締切
会場: 創作室、展示室
定員: 20名
対象: 小学4年~中学生
参加費: 3000円


ミュージアム・セッション2012

講演会「ミュージアムにふれる―ケ・ブランリ美術館におけるアクセシビリティ向上の試み」


「ミュージアム・セッション」はアートと教育に関心のある方々のためのレクチャー・シリーズです。近年は視覚障害者の美術鑑賞という切り口から、「美術を“見る”とは?」、「美術館の使いやすさとは?」といったテーマについて考える機会を提供しています。
今回は、フランス政府文化・コミュニケーション省のデルフィーヌ・アルメル氏を講師にお迎えします。アルメル氏は成人後に失明、2006年パリに開館したケ・ブランリ美術館に5年間勤務し、さまざまな障害者団体の協力を得ながら音声CD付の触察本を開発するなど、同美術館のアクセシビリティ向上に大きく貢献しました。ケ・ブランリでの試みについて語っていただきます。


出演: デルフィーヌ・アルメル(フランス政府文化・コミュニケーション省/元ケ・ブランリ美術館スタッフ)
日時: 2012年8月7日(火) 14:00~16:00
申込方法: 当日先着順(13:30より受付開始)
会場: 当館講堂
定員: 150名
参加費: 500円(障害者とその介助者は無料)
その他: 逐次通訳付き

主催:公益財団法人せたがや文化財団世田谷美術館
企画協力:NPO法人視覚障害者芸術活動推進委員会、ギャラリーTOM

(c) musee du quai Branly, photo Pomme Celarie


夏休みこども映画ワークショップ


3日間で映画を作ります。シナリオ・演出・カメラ・出演、すべて自分たちで考えて制作し、8月19日には美術館のホールで上映会も行います。この夏一番の思い出になることまちがいなし!


出演: 杉田協士、保坂大輔、金子裕昌(世田谷美術館美術大学講師・映画監督)
日時: 2012年8月7日(火)、8日(水)、9日(木) 10:30~16:30
上映会19日(日) 13:00~15:00
申込締切日: 抽選
申込方法: HP申込/抽選/7月31日(火)締切
会場: 当館講義室、創作室
定員: 15名
対象: 小学4年~中学生
参加費: 2000円(作品DVD込)


「村山知義の宇宙」展関連企画

「100円ワークショップ」きみの舞台をカードに演出しよう!(「村山知義の宇宙」展関連企画)/夏の思い出カンバッチをつくろう! 他


小さなお子様から大人の方まで、どなたでもその場で気軽に参加できます。


日時: 2012年8 月3日~8 月25日の期間中毎金・土曜日 14:00 ~16:00
申込方法: 時間中随時受付
会場: 当館地下創作室
対象: どなたでも
参加費: 参加費:一回100円


「村山知義の宇宙」展関連企画

やなぎみわ演劇プロジェクト第3部「1924 人間機械」


1924年、ベルリンより帰国してから不眠不休の制作と発表を続ける村山知義。社会主義リアリズム演劇を連作するようになるまでの数年間、アヴァンギャルドとプロレタリアを並走させた村山の葛藤を、音楽とダンスと映像を交えた連鎖劇で描きます。


日時: 2012年8月3日(金) 16:00~、4日(土)・5日(日)14:00~
申込方法: やなぎみわ演劇プロジェクトチケット予約ページ
会場: 当館講堂
参加費: 村山知義展鑑賞券付き前売券【一般】 4800円、【学生】 4600円
前売券【一般・学生共通】 4,000円、当日券【一般・学生共通】 4500円 (※村山知義展当日料金が別途必要になります)


「村山知義の宇宙」展関連企画

講演会「在りし日の籌子(かずこ)を追って」


出演: 岩崎清(ギャラリーTOM副館長)
日時: 2012年7月28日(土) 14:00~
申込方法: 当日、10:00より整理券を配布します
会場: 当館講堂
定員: 150名
参加費: 無料
その他: 手話通訳つき


村山展関連企画

講演会「村山知義のベルリン 1922」


出演: 五十殿利治(筑波大学芸術系教授)
日時: 2012年7月21日(土) 14:00~
申込方法: 当日、10:00より整理券を配布します
会場: 当館講堂
定員: 150名
参加費: 無料
その他: 手話通訳つき


「村山知義の宇宙」展関連企画

中野成樹+フランケンズ「現在に『スカートをはいたネロ』を試演する」


村山知義の代表的な戯曲『スカートをはいたネロ』を取り上げ、村山の演劇人としての側面に迫る注目の企画!

1924年、築地劇場『朝から夜中まで』の舞台装置で好評価を得た村山は、その後歌舞伎役者の河原崎長十郎らと劇団「心座」を立ち上げ、演劇人としての活動を本格化、またプロレタリア文化活動に傾倒していきます。『スカートをはいたネロ』は、その渦中にある1927(昭和2)年に書かれた人形芝居で、26歳の村山が作・演出・装置を手がけました。物語は、18世紀後半のロシア帝国の冷酷無慈悲な女帝を描くことで、身分制社会の構造を批判する内容になっています。

本企画は、村山が生きた時代の表現活動の根底にあった問い=「いま(コンテンポラリー)の表現とは何か」を、同じ精神で現代演劇に切り込んでいる演出家・中野成樹(なかのしげき)によって浮かび上がらせる試みです。中世・近代の"名作翻訳劇"を、「誤意訳」という独自の戯曲解釈と現代のリアルな身体で現代演劇として再生し、注目を集める中野。台本を忠実に用いながらも、音楽性あふれる構成とシンプルな美術により、エレガントにしてポップに仕立て上げ、多くの演劇ファンを魅了しています。今回は、自らのカンパニー「中野成樹+フランケンズ」を率いて試演します。ぜひ展覧会と併せてご覧下さい。お得なセット券(公演+展覧会チケット)をご予約いただけます。
(※ご予約の際、備考欄に、13:00/15:00/17:00 のうちご希望回をご記入下さい。)


出演: 構成・演出:中野成樹
出演:福田毅、竹田英司、野島真理、石橋志保、斎藤淳子、小泉真希、北川麗
キュレーション:岡崎松恵(NPO法人Offsite Dance Project)
日時: 2012年7月16日(月・祝) 13:00/15:00/17:00開演(開場は各回15分前)
申込締切日: 先着
申込方法: お得なセット券(公演+展覧会チケット)を予約できます。備考欄に必ず希望回をご記入下さい。公演のみのチケットは当日先着順にて受付・販売。
会場: 当館講堂
定員: 各回150名 (先着) 各回、定員になり次第締め切ります
参加費: ホームページ限定予約(公演+展覧会チケット)=1300円/当日(公演のみ)=1000円/当日の展覧会チケットをお持ちの方=500円
その他: 主催:公益財団法人せたがや文化財団世田谷美術館
企画協力:NPO法人Offsite Dance Project
写真:中野成樹+フランケンズ『スピードの中身』より (会場:所沢航空発祥記念館)

>>プレスリリース


建築意匠學入門

スカのゆ・ハマのゆ ~銭湯パラダイス初夏特別編~


かつては庶民生活の「社交場」として賑った銭湯も年々件数が減少しています。しかし、地域コミュニケーションが稀薄になってしまった今だからこそ、銭湯の役割は再認識されなくてはなりません。意匠を凝らした銭湯建築を鑑賞するとともに、地域と共存する銭湯の役割を再考します。今回は横須賀と横浜の特集。潮風を感じる初夏特別編として仕立てました。勿論全日程とも体験入浴あり。お風呂道具をお忘れなく。


出演: 案内人:町田 忍(庶民文化研究家)
大森美津男(横浜銭湯めぐりの会代表)*6月30日、7月7日
日時: (1)6月9日、(2)6月16日、(3)6月30日、(4)7月7日(全て土曜日)
全日とも13:30~17:00(現地集合、解散)
申込方法: 6月1日(消印有効)まで往復はがきにお名前、ご住所、ご連絡先をご記入のうえ、ご希望される係まで締切日までにお申込み下さい。
なお、応募者多数の場合は抽選とさせていただくこともございます。あらかじめご了承下さい。なお、いずれのコースも連名可です。

■申込先・お問合せ■
世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)「ハマのゆ・スカのゆ」係
〒157-0075 東京都世田谷区砧公園1-2
TEL:03-3415-6011
会場: (1)横須賀市内コース其の壱 
(2)横須賀市内コース其の弐
(3)横浜コース其の壱 
(4)横浜コース其の弐
定員: 30名
参加費: 3,000円(4回分・交通費など実費は別)
その他: *天候などによりコースに多少の変更が生じる場合があります。なお、全日程とも体験入浴後懇親会を予定しています。
*一日だけの参加申込みも可(参加費:1,000円)
*このプログラムは横須賀市美術館との共催事業です


駒井展関連企画

講演会「わが師 駒井哲郎を語る」


出演: 講演者:中林忠良氏(版画家・東京藝術大学名誉教授)、渡辺達正氏(版画家・多摩美術大学教授)
日時: 6月2日(土)  14:00~
申込方法: 当日10:00より整理券を配布。手話通訳付き
会場: 当館講堂
定員: 150名
参加費: 無料


萬KENBUN録

トーキョー・レトロ・ミュージアム


東京に残る明治期から昭和初期の建築物。しかし、再開発などによって年々その数は減少し続けています。一方、そうした「時の名残り」を留める建築や空間をミュージアムとして再生、活用している例も少なくありません。このコースでは再生活用されたミュージアムから記念館として歴史を刻んできた建物など、味わい深いレトロ建築を巡ります。


日時: 5月24日(木) 13:30~17:00(現地集合、解散)
申込方法: 5月15日(消印有効)まで往復はがきにお名前、ご住所、ご連絡先をご記入のうえ、ご希望される係まで締切日までにお申込み下さい。
なお、応募者多数の場合は抽選とさせていただくこともございます。あらかじめご了承下さい。なお、いずれのコースも連名可です。

■申込先・お問合せ■
世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)「トーキョー・レトロ・ミュージアム」係
〒157-0075 東京都世田谷区砧公園1-2
TEL:03-3415-6011
会場: ・早稲田スコットホールギャラリー
・早稲田大学坪内博士記念演劇博物館
・永青文庫
・和敬塾本館(旧細川侯爵邸)
*和敬塾本館の入館料は1,050円です。
*巡回は全て徒歩での移動となります。
定員: 15名
参加費: 500円(交通費など実費は別)


ANN SALLY Live “fo:rest” Spring 2012


自由でしなやかな音楽性、透き通った歌声......全国各地で真摯な音楽ファンの心を掴んできたアン・サリーが、新緑に囲まれる世田谷美術館でライヴを行います。新アルバム“fo:rest”からの楽曲を中心に、リオープンした美術館での心地よいひとときをお楽しみ下さい。


日時: 5月19日(土)開場15:30/開演16:00
5月20日(日)開場12:30/開演13:00
5月20日(日)開場15:30/開演16:00
申込方法: 4月6日(金)10:00からメール予約開始
(1) 公演名・日付・会場・枚数
(2) お名前 ( フリガナ ) ・チケット送付先ご住所 ( 郵便番号から ) ・お電話番号
(3) 備考 ( 特別事項、質問など )
上記内容を、ticket@songxjazz.comまでお送り下さい。24時間以内に予約確認メールをご返送いたします。( 土日にいただいたご予約の返信は月曜となります )
(4)お届けはお支払後となります。
詳細は、www.songxjazz.com
申し訳ありませんが、既に定員に達したので締め切らせていただきます。
会場: 当館講堂
定員: 各回150名
参加費: 前売¥4500( 全席自由・入場整理番号付 )
その他: 主催・問合せ: ソングエクス・ジャズ tel : 03-6314-6829
共催:公益財団法人せたがや文化財団世田谷美術館

>>詳細はチラシ表チラシ裏


萬KENBUN録

ヨコハマ・レトロ・ミュージアム


横浜中心部に残る明治期から昭和初期の建築物。しかし、再開発などによって年々その数は減少し続けています。一方、そうした「時の名残り」を留める建築や空間をミュージアムとして再生、活用している例も少なくありません。このコースでは再生活用されたミュージアムから記念館として歴史を刻んできた建物など、港町ヨコハマならではのゴージャスなレトロ建築を巡ります。


日時: 5月18日(金) 13:30~17:00(現地集合、解散)
申込方法: 5月8日(消印有効)まで往復はがきにお名前、ご住所、ご連絡先をご記入のうえ、ご希望される係まで締切日までにお申込み下さい。
なお、応募者多数の場合は抽選とさせていただくこともございます。あらかじめご了承下さい。なお、いずれのコースも連名可です。

■申込先・お問合せ■
世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)「ヨコハマ・レトロ・ミュージアム」係
〒157-0075 東京都世田谷区砧公園1-2
TEL:03-3415-6011
会場: ・神奈川県立歴史博物館(旧横浜正金銀行本店本館)
・横浜市開港記念会館(旧開港記念横浜会館)
・横浜開港資料館旧館(旧横浜英国領事館)
・日本郵船歴史博物館(横浜郵船ビル)
・氷川丸
*巡回は全て徒歩での移動となります。
定員: 15名
参加費: 500円(交通費など実費は別)


萬KENBUN録

レトロ建築再生ギャラリー(アンコール編)


都内随所に残る昭和初期ビルや商店や蔵。しかし、街の再開発などによって年々その数は減少し続けています。一方、そうした「時の名残り」を留める建築や空間をアートスペースとして再生、活用している例も少なくありません。このコースは、昨年開催し好評を得たプログラムを再現。アートを切り口にして魅力溢れるレトロ建築を巡ります。


日時: (1)5月11日(金) (2)5月12日(土)
申込方法: (1)(2)とも4月30日(消印有効)まで往復はがきにお名前、ご住所、ご連絡先をご記入のうえ、ご希望される係まで締切日までにお申込み下さい。
なお、応募者多数の場合は抽選とさせていただくこともございます。あらかじめご了承下さい。なお、いずれのコースも連名可です。

■申込先・お問合せ■
世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)「レトロ建築再生ギャラリーアンコール編」係
〒157-0075 東京都世田谷区砧公園1-2
TEL:03-3415-6011
会場: ・銀座一丁目「奥野ビル」エクリュ+エイチエムほか
・茅場町「第二井上ビル」ギャラリー須知
・鳩の街通り商店街(旧カネコ薬局店舗)アート&カフェこぐま
*「こぐま」はカフェが中心ですので、内部見学をする場合はドリンクを注文していただきます。また、状況により外観見学のみになる場合もあります。
・浅草(旧「竹長」内蔵)ギャラリーエフ
*徒歩での移動が多くあります。
定員: 各回15名
参加費: 500円(交通費など実費は別)


駒井展関連企画

公開制作「駒井哲郎の技法のヒミツ」


多摩美術大学で駒井哲郎の薫陶を受けた渡辺達正氏による、駒井哲郎の原版を用いた公開制作。


出演: 制作者:渡辺達正
日時: 5月5日(土)  14:00~
会場: 当館地下創作室


駒井展関連企画

講演会「『レスピューグ』スライド原画に寄せて
―実験工房を語る」


出演: 湯浅譲二氏(作曲家・国際現代音楽協会名誉会員・カリフォルニア大学名誉教授・桐朋学園大学音楽部特任教授)
日時: 5月3日(木・祝) 14:00~
申込方法: 当日10:00より整理券を配布。手話通訳付き
会場: 当館講堂
定員: 150名
参加費: 無料


駒井展関連企画

講演会「コレクションを語る」


出演: 講演者:福原義春氏(株式会社 資生堂 名誉会長)
聞き手:清水真砂(当館学芸部長)
日時: 4月29日(日) 14:00~
申込方法: 当日10:00より整理券を配布。手話通訳付き
会場: 当館講堂
定員: 150名
参加費: 無料


駒井展関連企画

「100円ワークショップ」


出演: 鑑賞リーダー
日時: 4 月28日~6 月30日の期間中毎土曜日
13:00~15:00
申込方法: 参加方法 :随時受付
会場: 当館地下創作室C
参加費: 参加費: 1回100 円


萬KENBUN録

続・レトロ建築再生ギャラリー


都内随所に残る昭和期の木造建築。しかし、街の再開発などによって年々その数は減少し続けています。一方、そうした「時の名残り」を留める建築や空間をアートスペースとして再生、活用している例も少なくありません。このコースは昨年開催して好評を得たプログラムの第二弾。アートを切り口にして戦後のレトロ建築を中心に巡ります。


日時: (1)4月20日(金), (2)4月21日(土)
両日とも13:30~17:00(現地集合、解散)
*内容は両日ともに同じです。どちらかご都合のよい日をお選び下さい。
申込方法: (1)(2)とも4月10日(消印有効)まで往復はがきにお名前、ご住所、ご連絡先をご記入のうえ、ご希望される係まで締切日までにお申込み下さい。
なお、応募者多数の場合は抽選とさせていただくこともございます。あらかじめご了承下さい。なお、いずれのコースも連名可です。

■申込先・お問合せ■
世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団) 「続・レトロ建築再生ギャラリー」係
〒157-0075 東京都世田谷区砧公園1-2
TEL:03-3415-6011
会場: ・矢来町(旧高橋建築事務所)アユミギャラリー
・日本橋馬喰町(旧繊維問屋倉庫)ラディウム‐レントゲンヴェルケ
・柳橋(旧市丸住居)ルーサイトギャラリー
・両国(旧紙問屋倉庫)ギャラリーMoMo
*徒歩での移動が多くあります。
定員: 各回15名
参加費: 500円(交通費など実費は別)


世田谷美術館美術大学・セタビ映画祭


美術大学ステップアップ講座「映画ワークショップ」、こども美術大学「岡さんの家を舞台に映画を作ろう!」で制作された12本の映画と修了生の自主制作映画8本の上映会。


日時: 4月15日(日)10:00~16:00
会場: 当館講堂
参加費: 入場無料


こども美術大学作品展/葉っぱワークショップ「眠るセタビの12か月の木」作品展


休館中に館外にておこなわれたワークショップの作品展。10~14日、13:00~16:00会場にてワークショップを開催します。


日時: 4月10日(火)~15日(日)最終日は16:00頃終了
会場: 当館区民ギャラリー
参加費: 入場無料


世田谷美術館リオープン記念パフォーマンス

微か


世田谷美術館は、改修工事による約9ヵ月間の休館を経て、2012年3月31日にリオープンいたします。その記念公演として、4月6日-8日、舞踊家ボヴェ太郎の新作ソロパフォーマンス『微か』を上演いたします。

緑豊かな公園の一隅にたたずむ当館は、自然との共生をテーマの一つとして設計されました。とりわけ1階展示室は、窓外の自然をパノラマビューとして一望できる稀有な空間です。ここに、場の変容に細やかに応答してダンスをつくる、ボヴェ太郎を迎えます。木々がささめき、風が通りぬけ、光がうつろうなど、ガラスの向こうで刻々と生じる微かな変化を、私たちはボヴェ太郎のダンスをとおして、ゆっくりと受けとめることになります。

静けさに身を浸さなければ、見えないものがあります。自然、芸術、人間のさまざまな関わり方について、その来し方と行く末について、あらためて思いを馳せる春―皆様のご来場を心よりお待ちしております。


出演: 構成・振付・出演:ボヴェ太郎
音楽:原摩利彦
衣裳制作:砂田悠香理
制作:米原晶子
宣伝美術:細川浩伸
日時: 4月6日(金)14時 7日(土)11時/14時 8日(日)11時/14時 開場は開演の30分前 各回とも終演後にアフタートークを行います
申込方法: 電話予約…世田谷美術館 教育普及課 03-3415-6346(月曜休)
ウェブ予約…Taro BOVE Dance Performance
http://tarobove.com/reservation/kasuka
会場: 当館1階展示室
定員: 各回定員40名
参加費: 予約2000円/当日2500円(中学生以下無料)※未就学児童の入場はご遠慮下さい
その他: 制作協力:Taro BOVE Dance Performance
主催:公益財団法人せたがや文化財団 世田谷美術館
詳細は新着情報のPDFをご覧ください。
photo: Toshihiro SHIMIZU


Copyright Setagaya Art Museum. All Rights Reserved.