企画展


タイトル

アルバレス・ブラボ写真展

―メキシコ、静かなる光と時

2016年7月2日~8月28日


 

20世紀写真史に大きな足跡を残したメキシコの巨匠、マヌエル・アルバレス・ブラボ(1902-2002)。メキシコ革命を経て、壁画運動や前衛芸術が渦巻く激動の1920年代末に頭角を現し、最晩年の1990年代末に至るまで、一貫して独自の静けさと詩情をたたえた写真を撮り続けました。約70年におよぶその仕事の魅力を、192点のプリントと多数の資料によって紹介する、国内初の本格的な大回顧展です。

【関連イベント】
トーク
「アルバレス・ブラボと20世紀メキシコ写真の歩み」

2016年7月3日(日)13:00~15:00(開場12:30)

文学イベント
「メキシコの詩と短編小説をよむ」

2016年7月9日(土)14:00~15:30(開場13:30)

ミニレクチャー
「30分でよくわかる!アルバレス・ブラボ写真展のポイント」

2016年7月31日(日)・8月20日(土)
各日とも15:30~16:00(開場15:15)

美術と演劇のワークショップ「えんげきのえ」
2016年7月18日(月・祝)13:00~18:00

100円ワークショップ
会期中7月の毎土曜日、8月の毎金・土曜日 
13:00~15:00