企画展


タイトル

松本瑠樹コレクション ユートピアを求めて

ポスターに見るロシア・アヴァンギャルドとソヴィエト・モダニズム

2014年9月30日~11月24日


撮影:椎木静寧

世界的に著名なポスター・コレクションから。未公開作品も多数公開。

DCブランド「BA-TSU」の創業者でありデザイナーの松本瑠樹[るき]氏(1946-2012)のコレクションには、ロシア革命期のポスターが多数含まれています。
本展ではこのコレクションより、カンディンスキーやマレーヴィチといった著名な画家や、ステンベルク兄弟、ロトチェンコなどのロシア・アヴァンギャルドのデザイナーたちが手掛けたものなど約180点を紹介し、社会の変革期に花開いたポスター芸術の多様性を概観します。


【関連イベント】
世田谷デザイン学校(特設)
現在なお強い印象を与え続けるロシア・アヴァンギャルドのポスターたち。4つのレクチャーからその魅力に迫ります。
10月11日(土)16:00―17:00
第1講「ロシア・アヴァンギャルドのデザイン言語」
※定員に達したため、申し込みを締め切りました

10月19日(日)16:00―17:00
第2講「ロシア・アヴァンギャルドのタイポグラフィ」
※定員に達したため、申し込みを締め切りました

11月2日(日)16:00―17:00
第3講「ロシア・アヴァンギャルドと国家」
※定員に達したため、申し込みを締め切りました

11月15日(土)16:00―17:00
第4講「プロパガンダの図像と手法」
※定員に達したため、申し込みを締め切りました

●11月16日(日)13:00―18:00
美術と演劇のワークショップ「えんげきのえ」

●10月4日-11月22日の毎土曜日 13:00-15:00 
100円ワークショップ「モダニズム・カンバッチ」