企画展


タイトル

駒井哲郎 1920-1976

福原コレクション

2012年4月28日~7月1日


撮影:上野則宏

リオープン企画展 日本の銅版画のパイオニア 駒井哲郎 一大コレクション一挙公開

駒井哲郎(l920‐1976)は、戦後日本の銅版画のパイオニアとしてよく知られています。本展では、駒井を敬愛する資生堂名誉会長の約500点に上る大コレクションにより、全点総入れ替えの2構成でその画業を紹介いたします。主要作品に加え、貴重な初期作品やカラーモノタイプ作品が数多<含まれた福原コレクションにより「夢よりももっと現実的な夢を」と、版に向かい続けた駒井哲郎の世界をご堪能<ださい。


【関連イベント】
講演会「コレクションを語る」
日時:4月29日(日) 14:00~
会場:世田谷美術館 講堂    
参加方法:当日、整理券を配布します           
講演者:福原義春氏(株式会社 資生堂 名誉会長)
聞き手:清水真砂(当館学芸部長)


講演会「『レスピューグ』スライド原画に寄せて
―実験工房を語る」

日時:5月3日(木・祝) 14:00~
会場:世田谷美術館 講堂    
参加方法:当日、整理券を配布します
講演者:湯浅譲二氏(作曲家・国際現代音楽協会名誉会員・カリフォルニア大学名誉教授・桐朋学園大学音楽部特任教授)


講演会「わが師 駒井哲郎を語る」
日時:6月2日(土)  14:00~
会場:世田谷美術館 講堂
参加方法:当日、整理券を配布します
講演者:中林忠良氏(版画家・東京藝術大学名誉教授)
    渡辺達正氏(版画家・多摩美術大学教授)


公開制作「駒井哲郎の技法のヒミツ」
多摩美術大学で駒井哲郎の薫陶を受けた渡辺達正氏による、駒井哲郎の原版を用いた公開制作。
日時:5月5日(土)  14:00~
場所:世田谷美術館 地下創作室
制作者:渡辺達正


「100円ワークショップ」
小さなお子様から大人の方まで、どなたでもその場で気軽に参加できる版画体験です。
日時:4 月28日~6 月30日の期間中毎土曜日
13:00~15:00
場所:世田谷美術館 地下創作室C
参加方法 :随時受付 参加費: 1回100 円