企画展


タイトル

ダニ・カラヴァン展

2008年9月2日 -10月21日


 

絵画から空間へ―環境と記憶に捧げられた、平和へのメッセージ

ダニ・カラヴァン(イスラエル、1930-)は、大規模の環境彫刻(周囲の環境との調和・同化を図るような大規模の立体作品)を長年にわたって実現してきた、稀有な芸術家として世界中にその名を知られています。本展はイスラエルとドイツを巡回する国際巡回展であり、未発表の初期油彩画や挿絵の仕事を初公開し、レリーフ画などを経て環境彫刻へと至る彼の全貌を明らかにします。また、当館展示室のためのインスタレーションも行います。

【関連イベント】
関連企画

9月6日(土)、9月15日(祝・月)
映画「砂の一粒」上映会

9月20日(土)
講演会「ダニ・カラヴァン 時空の軸線」(水沢勉)

9月23日(祝・火)
講演会「ダニ・カラヴァンと環境、建築」(仮)(三宅理一)

10月11日(土)
講演会「丘・パサージュ・階段―《ベンヤミンへのオマージュ》をめぐって」(平出隆)

9月27日(土)、28日(日)
《誰もいない美術館で vol.19》風景がダンスを

+1―音楽とともに展覧会を鑑賞する
〈ネゲヴ記念碑〉の風のオルガン、〈白い広場〉のウィンド・パイプ、〈隠された庭への道〉の白石のテントに仕掛けられた音響装置、〈泉〉の柱の一部に秘された水琴窟…ダニ・カラヴァンの作品にとって“音”は常に重要な要素として作用しています。本展では、通常の展覧会では失われてしまう作品に対する「音」という要素を、多彩な演奏家達による展示室でのコンサートによって付加しようという試みです。

9月13日(土)
大友良英+Jim O'Rourke+Sachiko M+ユタカワサキ

9月28日(日)
町田良夫

10月4日(土)
にかスープ&さやソース