企画展


タイトル

クプカ展−抽象への軌跡 「宇宙の法則」を探究したチェコ人画家の全貌

1994年7月9日~8月28日


 

 フランティシェク・クプカ(1871−1957)は、カンディンスキーやマレーヴィッチらとともに抽象絵画の開拓者として知られています。しかし彼が抽象への道を決然と踏み出したのは、やっと40歳を迎えようとした頃でした。
 幼い頃最愛の母を亡くし、降霊術を身につけていたクプカにとって、現実を超えた世界は常に身近でした。またナザレ派の伝統を色濃く残すプラハやウィーンで彼はその形成期を過ごしており、寓意や象徴を用いて描いた前半生の作品は多くの神秘的な雰囲気をたたえています。
 その後もクプカは、神智学や錬金術、あるいは哲学や自然科学に至るまで熱心に研究しました。それは人間の存在や宇宙の本質を直覚するための必死の努力だったのです。こうして捉えた「もうひとつの現実」をクプカは抽象絵画の中で展開してゆきました。
 本展は、「宇宙の法則」を探求したこのチェコ人画家の全貌を、約130点の作品で回顧するものです。