Ars cum natura ad salutem conspirat

林 忠彦《東京タワー建設》
1958年 個人蔵

竹中工務店400年の夢

―時をきざむ建築の文化史―

2016年4月23日~6月19日 1階展示室


開催概要

1610年に創業した竹中工務店は、大工の棟梁として400年の歴史をきざみはじめ、その棟梁精神は明治期以降の近代的建築業に発展する中に脈々と受け継がれています。それは設計と施工が一体となった業態に進化し、さらに活躍の舞台を世界へ広げています。本展では、長き歩みの中で創造された「かたち」の数々を写真、模型、図面などをメインとし、同時代の美術作品やグラフィックなど多彩な周縁資料を加えご紹介することで、日本の近代化の過程を"建築"という視点から眺望します。



基本情報

会期:2016年4月23日(土)-6月19日(日)
開館時間:10:00~18:00(入場は17:30まで)
休館日:毎週月曜日 
会場:世田谷美術館 1階展示室
観覧料:一般1000円(800円)、65歳以上800円(600円)、大高生800円(600円)、中小生500円(300円)
※( )内は20名以上の団体料金。
※障害者の方は500円(300円)、ただし小・中・高・大学生の障害者は無料。介助者(当該障害者1名につき1名)は無料。
※リピーター割引 会期中、本展有料チケットの半券をご提示いただくと、2回目以降は団体料金にてご覧いただけます。
主催:世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)
後援:世田谷区、世田谷区教育委員会
特別協力:株式会社竹中工務店、公益財団法人竹中育英会、公益財団法人竹中大工道具館、公益財団法人ギャラリーエークワッド
助成:公益財団法人朝日新聞文化財団
プレスリリース
画像貸出申込書


関連企画

講演会-1「竹中工務店400年の夢展を読み・語る」
2016年4月29日(金・祝)14:00~15:30(開場13:30)

講演会-2「技を伝え、人を育てる」
2016年5月3日(火・祝)14:00~15:30(開場13:30)

ワークショップ「やってみよう!けんちく体操」
2016年5月5日(木・祝)14:00~15:30(受付13:30より)

講演会-3「建物と人間のあいだ」
2016年5月14日(土)14:00~15:30(開場13:30)

対談「竹中工務店の仕事と写真家の眼」
2016年5月21日(土)14:00~15:30(開場13:30)

講演会-4「大工道具の歴史とものづくりの心」
2016年5月28日(土)14:00~15:30(開場13:30)

講演会-5「大工棟梁・木と向き合い、時を紡ぐ」(実演と解説)
2016年5月28日(土)15:45~17:15(開場15:40)

ダンス・パフォーマンス「ヒトとキとキと」
2016年6月4日(土)19:30~20:30(開場19:00)

講演会-6「竹中工務店が語る六つのかたち」
2016年6月11日(土)14:00~17:45(開場13:30)

100円ワークショップ「木でつくるかたち」
会期中の毎週土曜日 13:00~15:00

レストラン「ル・ジャルダン」特別メニュー




展示構成

《志摩国分寺本堂》 1841年

「はじまりのかたち」

竹中工務店の歴史は、織田家の普請奉行を務めた竹中藤兵衛正高にまでさかのぼることができます。以来、名古屋を中心に神社仏閣の造営に努め、今日まで400年にわたる歴史をきざんできました。ここでは大工棟梁時代の建築作品とそこに込められた美意識を、当時の歴史資料や再現模型を通してご紹介します。


《雲仙観光ホテル》 1935年

「出会いのかたち」

劇場、ホテル、商業施設などは、さまざまな出会いを提供する場です。そこには一期一会のドラマがあり、時間と空間のはざまに織り成されるさまざまな目線が交錯しています。出会いの空間から得た印象は、時に人の心の深くにのこり、それは豊かな記憶へとつながっていきます。


《竹中工務店東京本店》
2004年

「はたらくかたち」

時代の変遷や社会的要請によって、私たちの労働環境はさまざまに変化してきました。企業のそして都市の顔となる近代建築として誕生したオフィスビルディングがたんに労働する場所をこえて、長時間にわたり人が思考し創造する場であり生活空間の一部になるまでを、はたらく「かたち」の移り変りを通じご紹介します。


《東京ドーム》 1988年

「夢を追うかたち」

人類の歴史は夢を実現することの連続であり、私たちの生活はさまざまな技術革新によって大きく変化してきました。ここでご紹介する作品には、未体験の課題を克服しようとするパイオニア精神が宿っています。そして、その「かたち」は時を経てもなお、鮮やかな魅力を私たちに感じさせてくれます。


《芦屋浜高層住宅(ASTM)》1979年

「暮らしのかたち」

暮らしの空間には、一定の機能性を前提に、個を保つ空間と、そこで過ごす人々が共有する空間が配置されています。暮らしの最小単位は個人ですが、それは家族や周囲の人々との接点を生み出し、やがて地域社会へと領域を広げていきます。ここでは、さまざまな暮らしの「かたち」をご紹介します。


《佐川美術館》 1998年

「感性を育むかたち」

建築は人間の感性や感受性に、さまざまに作用します。とくに学校建築=教育施設は、子どもたちの成長にとって大切な器です。また美術館や博物館は人々が多彩な文化と出会う場であり、一点の作品から個人的で独特な感動を得る空間です。豊かな感性をおしひろげる工夫に満ちた「かたち」をご紹介します。


《明治生命館》 1934年
2005年改修

「時を紡ぐかたち」

私たちは時の流れの中で、日本の近代化を支えた建築、また日本古来の住まいの「かたち」を失ってきました。しかし近年、こうした道程に対する自省が社会に広まっています。ここでは、建築文化の継承、保存、修復、復元をテーマとし、さらに和の文化をあらためて耕し、伝えていこうとする今をご紹介します。


「これからのかたち」

地球は、私たち人間のためだけのものではありません。建築の原点は生命を繋ぐ工夫から始まりました。それはやがて感性を育てる拠りどころとなっていきます。「これからのかたち」では、人間と環境のつながりを考え、竹中工務店の考える生命の延長としての建築のあり方をご紹介します。


Copyright Setagaya Art Museum. All Rights Reserved.