Ars cum natura ad salutem conspirat

江夏真理奈 ピアノ・リサイタル


詳細はこちらをご覧ください


日時: 2017年3月12日(日) 開場13:30 開演14:00
会場: 世田谷美術館 1階講堂
定員: 140名
参加費: 無料

世田谷美術館パフォーマンス・シリーズ トランス/エントランスvol.15

鈴木ユキオ「イン・ビジブル in・vísible」


「トランス/エントランス」は、2005年にスタートした実験的なパフォーマンス・シリーズです。アール(曲線)を描く吹き抜けの天井、2階にいざなう大理石の大階段など、複雑で有機的な姿をみせる当館のエントランス空間と対話し、また「美術館」という場の意味や歴史からインスピレーションを得ながら、アーティストたちが冒険心あふれる作品を生み出しています。
今回はダンサー・振付家の鈴木ユキオが「見えないもの」をテーマに新作を発表します。

チラシPDF


出演: 演出・出演:鈴木ユキオ

出演:赤木はるか

美術:いしわためぐみ
映像:みかなぎともこ
作曲:小野寺 唯

サウンドデザイン:齊藤梅生
照明:加藤 泉

宣伝美術:細川浩伸
記録写真:堀 哲平
記録映像:イリベシン

運営:NPO法人アートネットワークジャパン

主催:世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)
日時: 2017年3月9日(木)・10日(金)各日20:00開演(19:40開場)
申込方法: 参加申込フォームより、
または
当館へ電話03-3415-6011(10:00-18:00、月曜休)
※1月14日(土)10:00 より受付開始
会場: エントランス・ホール
定員: 各日約80名(申込先着順)
参加費: 予約3,000円/当日3,500円(中学生以下無料)
その他: ※未就学児入場不可


「花森安治の仕事 ― デザインする手、編集長の眼 ―」展関連企画

講演会「父・花森安治のこと」


父と過ごした日々を娘の視点からお話しいただきます。


出演: 話し手:土井藍生(どい・あおい、花森安治の長女)
聞き手:矢野 進(本展担当・当館学芸員)
日時: 3月11日(土)14:00~15:30 ※開場は13:30
申込方法: 当日、13:00からエントランス・ホールで整理券を配布します。
会場: 講堂
定員: 先着140名
参加費: 無料
その他: ※手話通訳付


「花森安治の仕事 ― デザインする手、編集長の眼 ―」展関連企画

講演会「花森安治の『暮しの手帖』」


編集長・花森のもとで働いた18年間について、エピソードをまじえてお話しいただきます。


出演: 話し手:小榑雅章(こぐれ・まさあき、『暮しの手帖』元編集部員)
日時: 3月18日(土)14:00~15:30 ※開場は13:30
申込方法: 当日、13:00からエントランス・ホールで整理券を配布します。
会場: 講堂
定員: 先着140名
参加費: 無料
その他: ※手話通訳付


「花森安治の仕事 ― デザインする手、編集長の眼 ―」展関連企画

100円ワークショップ「手づくりのよろこび」


企画展毎に、様々な趣向を凝らした内容で、子どもから大人までその場で楽しめる簡単な工作などを行う100円ワークショップ。
この度は、花森さんが伝え続けた、手づくりのよろこび。一緒に味わってみませんか?
●その1「わたしの表紙画で小さな“暮しの手帖”をつくろう」
●その2「ハギレでつくる昭和レトロなコサージュ」


日時: 展覧会会期中の毎土曜日13:00~15:00
申込方法: 時間中随時受付(鑑賞リーダーがご案内いたします)
会場: 当館地下創作室
対象: どなたでも
参加費: 1回100円
その他: 企画協力・運営:世田谷美術館 鑑賞リーダー(ボランティア)


エリック・カール展 関連企画

100円ワークショップ


企画展毎に、様々な趣向を凝らした内容で、子どもから大人までその場で楽しめる簡単な工作など。


日時: 展覧会会期中の毎土曜日13:00~15:00
申込方法: 時間中随時受付(鑑賞リーダーがご案内いたします)
会場: 当館地下創作室
対象: どなたでも
参加費: 1回100円
その他: 企画協力・運営:世田谷美術館 鑑賞リーダー(ボランティア)


エリック・カール展 関連企画

開催記念講演会「エリック・カール~その人生と受け継がれていくもの~」(仮)


出演: アレクサンドラ・ケネディ(エリック・カール絵本美術館館長)
日時: 4月23日(日)14:00~16:00(13:30開場)
申込方法: 当日13時よりエントランスホールにて整理券を配付
会場: 講堂
定員: 先着140 名
参加費: 無料
その他: 逐次通訳、手話通訳付


エリック・カール展 関連企画

おはなし会「みて きく エリック・カール えほんの せかい」


絵本の読みきかせや、パネルシアター、手遊びなど様々な内容で、エリックカールの絵本の読みきかせを日本語や英語で行います。

・4月27日(木)出演:おはなしタンポポ
・5月13日(土)出演:おはなし泉
・5月25日(木)出演:おはなし広場
・6月3日(土)出演:大きな花輪
木曜日は未就学児向け土曜日は小学校低学年向けの内容です。
※上演プログラムは随時更新します。


出演: 世田谷おはなしネットワーク
(世田谷区内で活動するおはなし会を行うグループの連携体です)
日時: 4月27日(木)、5月13日(土)、5月25日(木)、6月3日(土)
各日とも11:00~11:30(受付開始10:40)
会場: 講堂
定員: 各回60名程度(当日先着順)
対象: どなたでも
参加費: 無料、ただし小学生以上は展覧会観覧券が必要です。展覧会観覧券1枚につき1名1回のみ、ご参加いただけます。


エリック・カール展 関連企画

おはなしコンサート「カールさんの おたんじょうび」


エリック・カールの絵本のキャラクターたちが、カールさんのお誕生日を祝う相談をする、楽しいおはなしと歌の会です。


出演: おはなし・ハーナ(おはなし屋さん主催)ほか
スペシャルゲスト・新沢としひこ(シンガーソングライター)
日時: 6月10日(土)14:30開演~15:30終了予定
申込締切日: 5月16日(火)締切 ※往復ハガキは消印有効
申込方法: 往復ハガキ、または世田谷美術館HP「プログラム&イベント」申込フォームより

●往復ハガキの場合は…
【往信面】に (1)イベント名、(2)住所、(3)参加者全員の氏名と年齢、(4)電話番号を、
【返信面】に住所・氏名を、記載してください。

●申込フォームの場合は…
【備考】に参加者全員の氏名と年齢を記載してください。

※結果は、締め切り後、メールまたはハガキの返信にて5月末にお知らせいたします。
会場: 講堂
定員: 抽選60組程度(1組=子ども・大人各1名~)
参加費: 1組2,000円(追加は、子ども1名500円、大人1名1,000円)
その他: 【注】子ども・大人各1名を1組としてお申込ください。ただし、追加が可能です。
<例1>子ども2名、大人1名を1組としてお申込みの場合、参加費は1組2,500円です。
<例2>子ども1名、大人2名を1組としてお申込みの場合、参加費は1組3,000円です。

※受付開始と開場の予定時間は、結果通知にてお知らせいたします。

エリック・カール展 関連企画

美術と音楽の対話「音が見える!? ちょうちょと魔笛」


エリック・カールの絵本『うたがみえるきこえるよ』にちなみ、シューマンやモーツァルトなどの室内楽をトークを交えて聴くコンサート[第1部]と、ワインと軽食を楽しむ歓談[第2部]の2部で構成される大人向けイベントです。

第1部 16:00~17:30(15:30開場) 会場:講堂
第2部 18:00~19:30  会場:レストラン「ル・ジャルダン」


出演: 酒井有彩(Pf)、枝並千花(Vn)、大山平一郎(Va)、加藤文枝(Vc)
日時: 5月28日(日)第1部 16:00~、第2部 18:00~
申込方法: 申込先着。※3月25日より受付開始(予定)
参加申込フォームより、または
お電話TEL:03-3415-6011
※お電話での受付時間:火~日の10:00~18:00
(月曜日は休館。ただし、5月1日(月)は開館)
定員: 〔A〕第1部のみ(100名)、〔B〕第1部+第2部(50名)
対象: ※いずれも未就学児は参加不可。〔B〕は中学生以下の参加不可。
参加費: 〔A〕3,000円(事前申込の場合。当日参加は3,500円)、〔B〕6,000円(事前申込のみ)※いずれも展覧会観覧券付。全席自由。〔A〕は小中学生無料ですが、展覧会観覧券は付きません。
その他: 企画協力:一般社団法人Music Dialogue


エリック・カール展 関連企画

美術と演劇のワークショップ「えんげきのえ」


展示作品を使って、演劇の初めの一歩を踏み出すシリーズ。美術と演劇、どちらの初心者も大歓迎。


出演: 講師:柏木陽(NPO法人演劇百貨店代表)
日時: 6月18日(日)13:00~18:00
申込方法: 申込先着。※3月25日より受付開始(予定)
参加申込フォームより、または
お電話TEL:03-3415-6011
※お電話での受付時間:火~日の10:00~18:00
(月曜日は休館。ただし、5月1日(月)は開館)
会場: 地下創作室、1階展示室
定員: 15名
対象: 10歳以上の方
参加費: 10代の方=500円、20歳以上の方=2,000円


Copyright Setagaya Art Museum. All Rights Reserved.