USERNAME

ミュージアム コレクション

淀井彩子《土地の名・土地の色・土地の時間2015-3》2015年

それぞれのふたり 淀井彩子と淀井敏夫

ミュージアム コレクションⅠ

2017年4月18日(火)-7月2日(日) 2階展示室


開催概要

彫刻家・淀井敏夫(1911-2005)の長女として、世田谷に生まれた淀井彩子(1943-)は、東京藝術大学大学院修了後、フランスに留学します。留学中に訪れたエジプトの風土に衝撃を受け、鮮やかな色面による抽象画を描きます。近年はエジプトの風景をモチーフに、大胆なストロークを遣い、より自由な表現を獲得しています。
本展は新収蔵の淀井彩子の油彩や版画に、淀井敏夫の彫刻を加え、世田谷を代表する芸術一家の活動の一端をご紹介します。



コーナー展示:濱田能生のガラス

陶芸家・濱田庄司の五男でガラス作家・濱田能生(はまだよしお)(1944- 2011)の透明感溢れる吹きガラス作品18点を展示します。日本の空間に相応しいガラス器を追求した濱田の茶碗や水指、花瓶などの大らかで有機的な姿や色彩の魅力をお楽しみください。

〔関連企画〕
それぞれのふたり 淀井彩子と淀井敏夫
講演会「自作を語る」
6月17日(土)14:00~15:30(開場13:30)
出演:淀井彩子(画家)



基本情報

観覧料:

一般/200円(160円)
大・高生/150円(120円)
中・小生、65歳以上/100(80円)
小中学生は土・日・休日は無料

休館日:

毎週月曜日(休日の場合は開館し、翌平日休館)