USERNAME

新着情報

世田谷美術館・向井潤吉アトリエ館 臨時職員募集

世田谷美術館(公益財団法人せたがや文化財団)では、臨時職員を募集いたします。
詳細はこちらのページをご覧ください。

「花森安治の仕事」展 他館との相互割引について

「花森安治の仕事」展は、下記の3館の展覧会と相互割引を行います。

~身近な日常を主題とした絵画作品に出会える展覧会~
「オルセーのナビ派展:美の預言者たち
 ―ささやきとざわめき」

三菱一号館美術館(千代田区丸の内)
http://www.mimt.jp/nabis/
--------------------------------------
1880年代末のパリで前衛的な芸術表現活動を行なったナビ派の芸術を、オルセー美術館のコレクションから本格的に紹介する日本で初めての展覧会。
象徴主義や神秘的な主題などとともに、ナビ派の画家が好んだテーマのひとつが、室内や公園、子どもなどの日常の身近なものでした。ボナールやヴュイヤールといったナビ派を代表する画家たちの作品が並びます。
--------------------------------------
会期:2月4日(土)~5月21日(日)
当日:一般1700円→1600円、高校生・大学生1000円→900円、小・中学生500円→400円
チラシの画像

~世田谷美術館に近隣する美術館の展覧会~
●「館蔵 中国の陶芸展」
五島美術館(最寄り駅:東急大井町線 上野毛駅)
http://www.gotoh-museum.or.jp/
--------------------------------------
漢時代から明・清時代にわたる五島美術館の中国陶磁器コレクション約60点を展観し、2000年にわたる中国のやきものの歴史を展望します。
--------------------------------------
会期:2月18日(土)~3月26日(日)
当日:一般1000円→900円
展覧会ご案内ハガキのダウンロード

●「超・日本刀入門~名刀でわかる・名刀で知る~」
静嘉堂文庫美術館(世田谷区岡本)
http://www.seikado.or.jp/
--------------------------------------
国宝の「手掻包永太刀(てがいかねながたち)」をはじめとする選りすぐりの名刀約30振から日本刀の主な見所の鑑賞や刀剣の歴史や産地や逸話など、その魅力に迫ります。
--------------------------------------
会期:1月21日(土)~3月20日(月・祝)
一般:1000円→800円、高校・大学生:700円→500円
チラシ表面ダウンロード
チラシ裏面ダウンロード


●上記展覧会の有料チケット半券で、当館の「花森安治の仕事」展の観覧料も100円引きでご観覧いただけます。
※他の割引との併用はできません。
※半券1枚につき1名、1回限り有効。
※三菱一号館美術館のチケットによる、五島美術館および静嘉堂文庫美術館との相互割引はありませんのでご注意ください。
是非、この機会にご利用いただければ幸いです。

世田谷美術館 休館のお知らせ

世田谷美術館は、改修工事のため
平成29年7月3日(月)~平成30年1月12日(金)の間、休館いたします。

世田谷文学館主催 連続講座「夢と綺想の球体―澁澤龍彦」

2017年秋に世田谷文学館(住所:世田谷区南烏山1-10-10 ※ただし2017年4月21日まで改修工事のため休館中)で開催予定の企画展「澁澤龍彦展」(仮称)のプレイベントとして、各界の論者が多彩な切り口からその魅力を語る連続講座を、世田谷美術館講堂にて開催いたします。(事前申込制)

日時 2月4日(土)14:00~15:30
講師 巖谷國士(仏文学者・明治学院大学名誉教授)
演題 「澁澤龍彦の宇宙誌」
応募締切 2017年1月21日(必着)

日時 2月18日(土)14:00~15:30
講師 酒井忠康(世田谷美術館館長)
演題 「澁澤龍彦の想像の画廊」
応募締切 2017年2月4日(必着)

日時 2月25日(土)14:00~15:30
講師 中沢けい(作家・法政大学教授)
演題 「澁澤龍彦と70年代の高校生」
応募締切 2017年2月11日(必着)

[会場] 世田谷美術館講堂
[定員] 150名(事前申込制)
[参加費] 各回500円


[申込方法]など詳細はこちら(世田谷文学館イベントページ)
※世田谷美術館では申込みを受け付けておりません

鈴木ユキオの新作「イン・ビジブル」、1/14(土)10時より予約受付開始!

当館のエントランス・ホールが舞台になる、注目のパフォーマンスシリーズ「トランス/エントランス」。その第15回目に、国内外で活躍する気鋭のダンサー・振付家の鈴木ユキオが登場します。見えること・見えないことをテーマとする新作「イン・ビジブル」、本番は3/9(木)・10(金)、チケット予約は1/14(土)10時から。お早めにどうぞ!

詳細は、「プログラム&イベント」ページをご覧ください。

宮本三郎記念美術館 休館のお知らせ

世田谷美術館の分館・宮本三郎記念美術館は、空調設備等の改修工事のため、2016年12月5日(月)から2017年3月末まで休館いたします。
2017年4月上旬から始まる第1期展より再開の予定です。

第5回世田谷区芸術アワード“飛翔”受賞者決定

9月初旬に募集を締め切った第5回世田谷区芸術アワード“飛翔”。先日、本審査会が開かれ、受賞者が決定いたしました。

美術部門の受賞者は、青木亨平さんと古田和子さんの2名です。2018年の1月ごろ、世田谷美術館区民ギャラリーにて受賞記念発表の展覧会を開催いたします。どうぞご期待ください。

また、他部門を含む受賞者の詳細については、世田谷区のホームページをご覧ください。

http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/106/151/662/663/d00149784.html

区民ギャラリー休館のお知らせ

平成29年度区民ギャラリーは下記の期間休館いたします。ご利用の皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解くださいますようお願いいたします。

休館の期間:平成29年7月3日(月)~平成30年1月12日(金)
休館の理由:世田谷美術館改修工事のため


・平成29年度前期分の区民ギャラリー抽選会は、10月に予定通り行います。
利用期間が大幅に変更になりご希望通りにならない可能性もありますが何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます。
・平成29年度前期分の抽選会の詳細は「せたがや文化・スポーツ情報ガイド」8月25日号およびホームページ等でご案内いたします。
・尚、平成29年度後期分の抽選会の詳細は平成29年2月にホームページ等でご案内いたします。
・清川泰次記念ギャラリーは通常通り開館いたします。

【お問合せ】世田谷美術館区民ギャラリー担当まで

世田谷美術館友の会会員募集中!!

水彩画・水墨画・銅版画・デッサン・油彩等実技講座等受講できます。

成人年会費4000円で1年間展覧会無料、ショップ・カフェの割引等のほか、標記の講座や作品展、美術館めぐり等に参加できるなど、魅力ある特典があります。

詳しくは、友の会のホームページをご覧ください。