企画展


タイトル

竹中工務店400年の夢

―時をきざむ建築の文化史―

2016年4月23日~6月19日


 

1610年に創業した竹中工務店は、大工の棟梁として400年の歴史をきざみはじめ、その棟梁精神は明治期以降の近代的建築業に発展する中に脈々と受け継がれています。それは設計と施工が一体となった業態に進化し、さらに活躍の舞台を世界へ広げています。本展では、長き歩みの中で創造された「かたち」の数々を写真、模型、図面などをメインとし、同時代の美術作品やグラフィックなど多彩な周縁資料を加えご紹介することで、日本の近代化の過程を"建築"という視点から眺望します。

【関連イベント】
講演会-1「竹中工務店400年の夢展を読み・語る」
2016年4月29日(金・祝)14:00~15:30(開場13:30)

講演会-2「技を伝え、人を育てる」
2016年5月3日(火・祝)14:00~15:30(開場13:30)

ワークショップ「やってみよう!けんちく体操」
2016年5月5日(木・祝)14:00~15:30(受付13:30より)

講演会-3「建物と人間のあいだ」
2016年5月14日(土)14:00~15:30(開場13:30)

対談「竹中工務店の仕事と写真家の眼」
2016年5月21日(土)14:00~15:30(開場13:30)

講演会-4「大工道具の歴史とものづくりの心」
2016年5月28日(土)14:00~15:30(開場13:30)

講演会-5「大工棟梁・木と向き合い、時を紡ぐ」(実演と解説)
2016年5月28日(土)15:45~17:15(開場15:40)

ダンス・パフォーマンス「ヒトとキとキと」
2016年6月4日(土)19:30~20:30(開場19:00)

講演会-6「竹中工務店が語る六つのかたち」
2016年6月11日(土)14:00~17:45(開場13:30)

100円ワークショップ「木でつくるかたち」
会期中の毎週土曜日 13:00~15:00

レストラン「ル・ジャルダン」特別メニュー