企画展


タイトル

ファッション史の愉しみ

―石山彰ブック・コレクションより―

2016年2月13日~4月10日


撮影:椎木静寧

西洋服飾史研究家・石山彰氏(1918-2011)のコレクションを中心に、16世紀から20世紀初頭にかけてのファッション・ブックとファッション・プレート、および服飾史研究書や明治時代の錦絵をご紹介します。神戸ファッション美術館が所蔵する同時代の衣装も合わせて展示することで、ファッション・プレートやファッション・ブックが持っている、ファッションであり画家の作品であり版画であるという、さまざまな要素が複合する魅力に迫ります。

【関連イベント】
●2016年2月13日(土)午後2時-午後3時(開場は開演30分前)
講演会「モダン・ファッションの起点 ポショワールのファッション・ブック」

●2016年3月13日(日)午後1時-午後6時
美術と演劇のワークショップ「えんげきのえ」

●2016年4月3日(日)午後2時-午後5時
創作ワークショップ「ヴィクトリアン・スタイルでつくるコサージュ」

●会期中の毎週土曜日 午後1時-3時
100円ワークショップ