企画展


タイトル

速水御舟とその周辺

―大正期日本画の俊英たち

2015年5月2日~7月5日


 

没後80年 日本画界の異才・速水御舟がめざした絵画世界の神髄に迫る

40年という短い生涯を疾風怒濤のように駆け抜けた天才日本画家・速水御舟(1894-1935)。御舟ははじめ歴史画から出発し、印象派の点描に似た新南画、中国の院体画を思わせる写実を極めた花鳥画、琳派の奥行を排した金屏風、渡欧後、西洋絵画の群像表現に魅せられ人体表現へと向うなど、画風を目まぐるしく変化させて行きますが、道半ばで夭折してしまいます。
本展は師の松本楓湖、兄弟子の今村紫紅、同輩でライバルの小茂田青樹、仲間の牛田雞村、黒田古郷、小山大月に、御舟一門の高橋周桑と吉田善彦を加え、御舟の作品と共に周辺作家の作品を一堂に集め、近代日本画の頂点のひとつともいえる御舟芸術がいかにして誕生したかを検証します。

【関連イベント】
●5月23日(土)14:00―15:30(開場13:30)
講演会「速水御舟、飛躍の前夜―今村紫紅と赤曜会」

●5月26日(火)14:00-16:30(開場13:30) 
オープンカレッジ《世田谷美術館美術大学特別セミナー》「技法・材料から読み解く速水御舟」
※申込み終了しました

●会期中の毎週土曜日 13:00-15:00(随時受付) 
100円ワークショップ「表装の美」