企画展


タイトル

ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展

印象派を魅了した日本の美

2014年6月28日~9月15日


撮影:上野則宏

印象派を魅了した日本の美

19世紀後半から20世紀初頭、西洋では浮世絵をはじめとする日本美術が大流行します。その大胆な構図、鮮やかな色彩は、西洋の美意識に根本的な革命をもたらし、ジャポニスムが生まれました。本展は、修復後世界初公開となるモネの大作《ラ・ジャポネーズ》を始め、ボストン美術館所蔵の絵画、写真、工芸など約150点を紹介し、西洋の芸術家たちが、日本の美術から何を学び、新たな美を創造したのかを様々な角度から検証します。

【関連イベント】
8月30日(土) 18:30-20:00
ナイトツアー2014「《ラ・ジャポネーズ》の謎を解け!」

会期中の毎土曜日 午後1時-3時
100円ワークショップ「ウチワ・des・ジャポネズリー」

8月中の毎週金曜日 13:00-15:00
100円ワークショップ「ラ・ジャポネーズでハイ! ポーズ」