企画展


タイトル

日本の自画像

写真が描く戦後 1945-1964

2009年5月2日~6月21日


 

いま、問い直さなくてはならない戦後20年間の出来事

戦後日本を代表する写真家たちによって撮影された1945年から1964年までの戦後復興20年間の日本の写真170点を紹介します。激動の時代を捉えた写真家たち11人の眼を通じて、20年の歳月の中で日本がどれほどの変貌を遂げたのかを再検証します。
出品作家:木村伊兵衛、土門拳、濱谷浩、林忠彦、石元泰博、長野重一、田沼武能、東松照明、奈良原一高、川田喜久治、細江英公

【関連イベント】
5月4日(月・祝)、5月24日(日)、6月14日(日)
特選名画キヌタオデヲン座

6月13日(土)、14日(日)
身体展示

5月23日(土)、5月30日(土)、6月6日(土)
感動再び!TOKYOパノラマウォークシリーズ