企画展


タイトル

建築がみる夢

石山修武と12の物語

2008年6月28日 -8月17日


 

建築とは何か−常に問い続ける建築家の近未来設計図

巨大な鉄のパイプを家にする。材料を海外から直接輸入する。左官の漆喰の技術、造船の鉄板加工技術を活用する。募金活動をしながら少しずつ建てるなど、石山修武(1944-)は、常に建築の新しい可能性を切り拓いてきました。美術館での初個展となる本展では、国内外で現在進行している12のプロジェクトを中心に、石山修武の活動をご紹介します。そこには、誰も見たことのない建築、さらには、私達の将来の生活の姿が現れるかもしれません。

【関連イベント】
関連企画

7月13日(日)
雨にあそぶ―水のかたち 水のねいろ

7月20日(日)、21日(月・祝)
誰もいない美術館でvol.19 「イシヤマウンテンオペラ」

7月27日(日)
「サカタ式」坂田明トーク&ライブ

8月3日(日)
石山修武―自作を語る