企画展


タイトル

世田谷時代1946-1954の岡本太郎

戦後復興期の再出発と同時代人たちとの交流

2007年3月24日(土)-5月27日(日)


 

知られざる岡本太郎の実像へ−世田谷・上野毛のアトリエにおける熱き日々

岡本太郎(1911-1996)は、弱冠18歳で渡仏し、パリ画壇でも頭角を現わしましたが、戦場に送られ4年半従軍。復員後、1947年に世田谷区・上野毛にアトリエを構えて、そこで画家として再出発を図ります。本展では、青山にアトリエを移すまでのこの世田谷時代に焦点を絞って、代表作を展示するとともに、戦後復興期という特殊な時代状況のなか、岡本が何を考え、何を実践したかを、美術から文学にいたる同時代人との交流にも光を当てながら、再検証してゆきます。

【関連イベント】
関連企画

5月5日(土)6日(日)
ワークショップ〈誰もいない美術館で〉 vol.13 『キミはタロウと踊れるか?』

5月12日(土)
岡本太郎をさがして−片岡祐介マリンバ・ライヴ

5月19日(土)
講演会「岡本太郎と花田清輝:戦後復興期の芸術革命思想」

4、5月中の毎週土曜日
いでよ!お困りモンスター