企画展


タイトル

開館20周年記念 世田谷美術展2006

2月25日(土)-4月9日(日)


 

世田谷の美術の過去と現在を一望に。世田谷区に住む画家・彫刻家・工芸家、98人名の近作を一同に展覧。

世田谷区内には以前より多くの美術家が居住し、アトリエを構え、それぞれ第一線で活躍されています。そして、その所属団体やジャンルといった垣根を越えた親睦と研鑽の場として、1978年より世田谷美術展が始まりました。当館での開催は、本展で18回目を迎えます。
絵画、彫刻、版画、工芸など、身近に住まう美術家の近作を一堂に展覧することで、その活動の一端を感じていただければと思います。

【関連イベント】
2月25日(土)
開催記念フォーラム「世田谷美術館とわれわれのアート」

2月26日(日)
創作ワークショップ「彫刻のタネ」

3月4日(土)・5日(日)
身体表現のワークショップ
「アートを唄って語ってみれば」


3月5日(日)
展示室トーク「駒井哲郎を語る」

3月11日(土)
創作ワークショップ「漆芸のタネ」

3月12日(日)
展示室トーク「イサム・ノグチを語る」

3月25日(土)
マイクロバスで巡る個人美術館の旅
「世田谷の巨匠を訪ねて」


3月26日(日)
アトリエ訪問「こんにちは中川さん」 

4月1日(土)
パフォーマンス
「APEril fool?−エイプリル・フールの美術館」


4月 2日(日)
アトリエ訪問「こんにちは桑原さん」 

4月8日(土)、9日(日)
さくら祭り