企画展


タイトル

ルパ-ト・スパイラ陶芸展

10月25日(土)-12月4日(日)


 

本展はイギリスの陶芸作家ルパート・スパイラの日本での初の個展です。ルパート・スパイラは、1960年に生まれ、16歳の時にバーナード・リーチの弟子マイケル・カーデューの陶器に出会い、その力強さに圧倒されました。1978年から80年にかけてウエスト・サリー美術デザイン学校でヘンリー・ハモンドに学び、学士号を取得したのち、1980年から82年にかけてマイケル・カーデューに師事、1983年ウエスト・サリー美術デザイン学校最終学年には、ハンプシャー州ロワー・フロイルに窯を開きました。1988年に工房を開設し、シュロップシャー州チャーチ・ファームに窯を開いています。
 ルーシー・リーやハンス・コパーといったモダニストと称される世代の、シンプルで有機的な形態を伏流水のように受け継ぎつつ、現代的な洗練と優美さを纏い、思索的な深まりと品格をみせているルパート・スパイラの作品は、日本においてもきっと多くの人々の心を惹きつけることでしょう。