企画展


タイトル

煌めくプラハ-19世紀末からアールデコへ

1999年10月2日~12月12日


 

 チェコの首都プラハは、高い文化を誇ったボヘミア王国の都として、中世から1000年以上にわたり栄えた世界屈指の美しい古都です。本展覧会は、度重なる歴史の波を超え、1918年にチェコスロヴァキアとして悲願の独立を果たした時期、プラハを中心に隆盛を極めたチェコのアールデコに焦点をあて、その前史としてのアールヌーヴォー、チェコ・キュビズムをあわせて、チェコの優れた芸術をわが国で初めて総合的にご紹介するものです。絵画、彫刻をはじめ、ボヘミア・ガラスで知られるガラス工芸品、陶磁器、建築家具、モード、ジュエリー、インテリアデザイン、写真と幅広いジャンルにわたる作品約490点はまさに煌いた時代のプラハを生き生きと物語ってくれることでしょう。
 なお本展は1989年に達成されたチェコの民主化革命「ビロード革命」10周年を記念して日本で開催される「チェコ共和国芸術祭1999―伝統と革新」の一環として行われるものです。