企画展


タイトル

ペンク展−表象の旅人:文字と図像

1997年6月21日~8月20日


 

A.R.ペンク(本名ラルフ・ヴィンクラー)は、1939年にドイツのドレスデンに生まれ、80年にはケルペンに移り、現在世界的な活動を展開しているドイツを代表するアーティストです。
 初期の社会的に深刻な内容を扱った厚塗りの絵画作品から、近年の文字と図像、あるいは言葉と音が交錯し、なにごとかを暗示、象徴するような謎に満ちた作品へと展開するペンク芸術の全貌をわが国に初めて紹介します。