企画展


タイトル

拡張する美術 アメリカン・アート1960-1990

1991年6月6日~8月18日


 

“拡張する美術:アメリカン・アート 1960-1990”は、1960年以降のアメリカ現代美術の変遷を30人の作家、約90点の作品を通して俯瞰する展覧会です。
 今日、アメリカ現代美術の表現は極めて多様化しているといえましょう。もはや額縁に入った絵画や台座に置かれた彫刻という範疇では語ることができないほど、美術表現は既成の枠を越え、拡張し続けています。その多様な作品を通して私たちは、アメリカの社会の状況や、歴史に対する解釈、私たちが直面している様々な問題を読みとることができます。
 本展では、アメリカで活躍されている美術評論家のリン・ガンバート女史がゲスト・キュレーターとして全体の構成を担当し、多様な芸術表現をモダニズム(近代主義)からポストモダニズム(反近代主義)への推移として捉え、写真やヴィデオといった新しい素材を用いたものやポップ・アートの巨匠の大作、新しいコンセプチュアル・アートなどの作品を多彩に紹介いたします。