企画展


タイトル

東と西の架け橋−風土と芸術 セント・アイヴス展

1989年7月2日~8月27日


 

セント・アイヴスは、イギリス南西部コーンウォール地方の小さな港町です。1920年代初め、バーナード・リーチと浜田庄司が東と西の伝統に学びつつ、真の民衆のための陶器をつくり始めて以来、この地は民芸運動の聖地として知られてきました。一方で19世紀後半を過ぎると、多くの芸術家たちがこの地に「アーティスト・コロニー」(芸術村)を形成し始めました。とりわけ1930年代以降、構成的な抽象表現を追及したベン・ニコルソン、バーバラ・ヘップワース、ナウム・ガボ、さらない戦後において、この地の風土に深く根ざした独自の抽象絵画を生み出したピーター・ラニヨン、ロジャー・ヒルトン、パトリック・ヘロン、テリーフロストらは、この地を舞台に国際的な活躍をくり広げました。また、素朴画家としてのアルフレッド・ウォリスの存在も忘れることができません。本展は日英のコレクションからよりすぐった絵画、彫刻、陶芸160点余でセント・アイヴスの風土と芸術をあますところなく紹介するものです。