Ars cum natura ad salutem conspirat

 

小林武史 ヴァイオリン・リサイタル



出演:
小林武史 ヴァイオリン 

1931年生まれ、10歳から鈴木鎮一氏に学ぶ。東京交響楽団、チェコ国立ブルノ・フィルハーモニー、オーストリア・リンツ州立ブルックナー管弦楽団、読売日本交響楽団、各オーケストラのコンサートマスターを歴任。オーケストラ退団後ソロ活動に専念し、海外(ヨーロッパ、旧ソ連、北米、南米、中近東、アジア全域)に演奏旅行。著名な音楽祭に招待されソロ出演。国際交流基金派遣の文化使節としての派遣は10回に及び、海外での青少年の指導にも力を注ぐ。桐朋学園大学、東京音楽大学各講師を歴任。第18回毎日音楽コンクール第1位(1949)、日本音楽舞踊批評家クラブ賞(1960)、文化庁芸術祭賞(1988)、文化庁芸術祭大賞(1996)、横浜文化賞(2013)各受賞。小林武史のために作曲された作品は数多く、初演ならびに国内外でも多数演奏を行なう。現在宮城県中新田バッハホール音楽院院長、室内合奏団「コレギウム・ムジクム東京」主宰。CDに「ファンタジア~クライスラー小品集~」、エネスコ、ヤナーチェクのソナタ他、「日本の心をうたう」(2012)11枚目をリリース。著書に「ヴァイオリン一挺、世界独り歩き」(1980)、新刊「ファンタジア わが人生」を神奈川新聞社より刊行(2013)。他にもエッセイ等新聞、雑誌に掲載。


石岡千弘 ピアノ

東京藝術大学を首席で卒業後、文化庁芸術家在外派遣研修員としてジュリアード音楽院にて学び、修士号を取得。帰国後、藝大大学院を修了。
第66回日本音楽コンクール第2位(1位なし)、第1回ショパン国際ピアノコンクールin ASIA第1位、第46回マリア・カナルス国際コンクール名誉賞、第55回ヴィオッティ国際音楽コンクール・ファイナリスト及びディプロマ受賞。
ピアノを岡田敦子、迫昭壽、故H.ツェルニー=ステファンスカ、P.エフラー、H.ステッセン、角野裕の各氏に師事。
2008年、ヴァイオリンの小林武史氏とともにブラジルを訪問し、べレン(全ブラジル芸術週間に参加)、サルヴァドールで「小林武史リサイタル」にて共演。
これまでに東京交響楽団、サンレモ交響楽団など多数共演し、ソロ、室内楽など幅広く活躍。東京音楽大学講師。

日時: 3月16日(日) 14:00
申込期日: 3月3日(消印有効)
プログラム: 今回のプログラムは全曲、小林武史氏のために作曲された作品です。

小倉 朗(1916-1990): ヴァイオリンとピアノのためのソナチネ (1960年作)
Rou Ogura:Sonatine for Violin and Piano

夏田鐘甲(1916- ):ヴァイオリンとピアノのための3つのバラードより
Ⅱ祈り(1981年作) 
Shoukou Natsuda:3Ballades for Violin and Piano Ⅱ Inori  

團伊玖磨(1924-2001):ヴァイオリンとピアノのためのファンタジア第1番
(1973年作)
Ikuma Dan : Fantasia No.1 for Violin and Piano

休憩

林 輝(1942- ):ヴァイオリンのためのヴォカリーズ(2012年作)初演
Teru Hayashi : Vocalise pour Violin

有馬礼子(1933- ):ヴァイオリンとピアノのための琉球ソナタ(2011年作)初演
Reiko Arima : Ryukyu Sonata for Violin and Piano

伊福部昭(1914-2006):ヴァイオリンとピアノのためのソナタ(1985年作)
Akira Ifukube : Sonata for Violin and Piano
定員: 180名
入場料: 無料

 

石川綾子 ヴァイオリンリサイタル



出演:
石川綾子 ヴァイオリン

国立シドニー大学・シドニー音楽院、最優等学位/首席卒業。
5歳よりロンドンに在住。ウェールズ皇太子後援のロンドン音楽学校パーセルスクールに最年少で合格。数々の優勝経験を経て、15歳よりシドニーに在住。
ダヴィッド・オイストラフの愛弟子 アレキサンドル・トディチェスク、ポーランドの世界的ヴァイオリニスト ワンダ・ウィルコミアスカに師事。
2003年全豪ソリスト優勝者大会において一位となり、名誉ある「全豪ベストパフォーマー」に輝く。また、オーストラリアを代表する演奏者として「豪学術音楽賞」をはじめ、数々の受賞を果たす。
2007年オーストラリア政府より、「世界的に傑出した才能をもつ芸術家」として永住権を授与される。
2012年ザング香港国際ヴァイオリン音楽学校の客員教授に就任。
これまでに世界各地より演奏依頼を受け、ソロリサイタル・交響楽団との共演、また各国のテレビ・ラジオ出演と国際的に活躍し、多方面より大きな支持を得ている。
写真クレジット:タートルミュージック

和田さやか ピアノ

東京都出身。洗足学園音楽大学音楽楽部器楽専攻ピアノ科卒業。同専攻科を修了。ハンガリー国立リスト音楽院ディプロマコース修了、及びM.A.取得。1999~2001年、ハンガリー政府給費奨学生。
第7回神奈川音楽コンクールユース部門TVKテレビ賞受賞。第8回JPTA(ピアノ教育連盟)オーディション奨励賞受賞。第9回神奈川音楽コンクールシニア部門第2位。第3回リスト・バルトーク国際コンクール特別賞受賞受賞により、イタリア・ローマにてソロリサイタル。天皇皇后両陛下がハンガリー御来訪の際、御前演奏。
定期的にソロ・室内楽において、日本、及びヨーロッパにて活動中。
現在、洗足学園音楽大学講師、AMADE講師。

日時: 1月18日(土)14:00
申込期日: 12月25日(消印有効)
プログラム: Edvard Hagerup Grieg エドヴァルド・ハゲループ・グリーグ  (1843-1907)
ヴァイオリン ソナタ 第3番 ハ短調 作品45
  第1楽章 Allegro molto ed appassionato
  第2楽章 Allegretto espressivo alla Romanza 
  第3楽章 Allegro animato

Aram Il’yich Khachaturian  アラム・イリイチ・ハチャトゥリャン (1903-1978)
組曲「ガイーヌ」より<剣の舞> [編曲:ヤッシャ・ハイフェッツ]

Charles Camille Saint Saens  シャルル・カミーユ・サン=サーンス (1835-1921)
交響詩「死の舞踏」作品40 [編曲:サン=サーンス]

定員: 200名
入場料: 無料

 

渡辺清美(リコーダー)&古賀裕子(チェンバロ) デュオコンサート



出演:
渡辺清美(わたなべ きよみ) リコーダー
桐朋学園大学音楽学部演奏学科古楽器専攻卒業。同大学研究科修了。
リコーダーを花岡和生氏に、フラウト・トラヴェルソを有田正広氏に師事。
バロックアンサンブル<アルモニー・アンティーク>、リコーダーアンサンブル<ステラ>のメンバーとしてイタリア・ミラノ、ドイツ・ドレスデンの海外公演を含む各地で活動。また、音楽鑑賞教材やオリジナル曲によるCD等レコーディングにも多数参加する。2007年、2011年に東京オペラシティ近江楽堂においてソロリサイタルを行い、好評を得る。合奏団「リコーダーコンソート青葉」指揮者。二子玉川のリコーダー教室「Love Recorder」主宰。世田谷区在住。写真クレジット:スタジオ☆ディーバ


古賀裕子(こが ゆうこ) チェンバロ
国立音楽大学ピアノ科卒業。桐朋学園古楽器科研究科チェンバロ専攻修了。有田千代子氏に師事。アムステルダム=スヴェーリンク音楽院にてグスタフ・レオンハルト氏に師事。ソリストディプロマを取得し卒業。日本、オランダ各地でソロコンサートを行う。通奏低音奏者としてオランダ、ドイツ、フランス、スイス、台湾各地を公演。2001年より「バッハチェンバロ独奏曲全曲チクルス」を開始。2003年拠点を日本へ移す。武生国際音楽祭、福岡古楽音楽祭、NHK FM名曲リサイタルなどに出演。
studio clavecinを主宰し、後進の指導も積極的に行っている。

日時: 11月10日(日)14:00
申込期日: 10月21日(消印有効)
プログラム: Jean Baptiste Loeillet ルイエ・ド・ガン (1688- 1720頃)
Sonata G-Dur Op.4-4 ソナタ ト長調 作品4-4
    
Benedetto Marcello マルチェロ・ベネデット (1686-1739)     
Sonata a-moll Op.2-10 リコーダーソナタ イ短調 作品2-10

Johann Sebastian Bachバッハ・ヨハン・セバスティアン(1685-1750)
Organ Sonata No.3 in D moll, BWV 527 トリオソナタ 第3番ニ短調 (オルガンソナタBWV527編曲)

休憩
     
Jean Daniel Braunブラウン・ジャン・ダニエル(1700頃-?) 
Capricio,allegro(4/4)- Capricio,allegro(3/4)-Invention,grave-Invention,allegro 無伴奏曲集より カプリッチョ1,2、インベンション1,2
 
Francois Couperin クープラン・フランソワ(1668-1733 )
Le rossignol en amour 恋のうぐいす

Louis Couperin クープラン・ルイ(1626頃-1661)
Suite in D moll 組曲ニ短調

Georg Philipp Telemann テレマン・ゲオルク・フィリップ(1681-1767) 
Essercizii musici Trio No.8 in B♭ major (Recorder, Cembalo, Continuo), TWV 42:B4 「音楽の練習帳」第8番 トリオソナタ 変ロ長調 (リコーダー、チェンバロ、コンティヌオ) TWV 42:B4
定員: 200名
入場料: 無料

 

大滝俊 ピアノリサイタル



出演:
大滝 俊(おおたき しゅん)ピアノ

2004年桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を卒業後、スペイン・バルセロナに留学、グラナドス・マーシャル音楽院に入学。マリア・テレサ・モンテイス、アリシア・デ・ラローチャに師事。留学中スペイン国内各地で多数ソロリサイタルを行う。
2005年Festival de musicos jovenes de cataluna優勝。受賞者コンサートにてカタルーニャ音楽堂で演奏。
2006年5月マジョルカ島カプデペラ国際コンクール3位。
2008年スペイン音楽修士課程修了。修士課程の実技試験においてマーシャル音楽院の審査員から絶賛される。
同年7月帰国。活動拠点を国内に移し、日本各地でソロリサイタルをするかたわら、演奏家との共演、伴奏を行う。これまでに、バレエ・コンテンポラリーダンサーの妹大滝樹、オカリナ奏者の堀田峰明、オペラユニット「レジェンド」、ピアニストで同志社女子大学教授のリヒャルト・フランク、画家・タラセア作家の星野尚、シンガーソングライター深水郁、山海塾舞踏手・コンテンポラリーダンサーの石井則仁各氏と共演を果たす。
2009年2月19日デビューアルバム「カタルーニャの響き」発売。4月号の「レコード芸術」で、二氏から準推薦盤に選ばれる。
2012年1月第2回日本バッハコンクール福岡地区予選の審査を行う。
2012年3月ポーランド・シレジア・フィルハーモニー管弦楽団と共演する。
これまでに、中山倭文子、川崎晴美、玉置善巳、ジャン・バイン、リヒャルト・フランク各氏に師事。


写真クレジット: Y.YAMAHIRO

日時: 9月22日(日)14:00
申込期日: 9月2日(消印有効)
プログラム: Domenico Cimarosa チマローザ・ドメニコ (1749-1801)
Tre Sonate 3つのソナタ

Alessandro Scarlatti スカルラッティ・アレッサンドロ(1660-1725)
Variazioni sulla follia di Spagna スペインのフォリアによる変奏曲

Muzio Clementi クレメンティ・ムツィオ(1752-1832)
3 Sonatas Op.40 No.3 ソナタ ニ短調(「3つのソナタ 作品40」から第3番)

休憩

Gioachino Rossini ロッシーニ・ジョアキーノ(1792-1868)     
Album pour les enfants adolescents
Un saute(No.11)/Hachis romantique(No.12)

a)ソテー料理 ニ長調(「幼い子供たちのためのアルバム」から 第11曲)
b)ロマンティックなひき肉料理 イ短調(同上 第12曲)

Isaac Albeniz アルベニス・イサーク(1860-1909)
Cordoba コルドバ(Cantos de Espana No.4)
定員: 200名
入場料: 無料

詳細

秋本悠希 メゾソプラノリサイタル



出演:
秋本悠希(あきもと ゆき) メゾソプラノ
6歳よりピアノを、14歳より声楽を始める。
京都市立音楽高等学校を経て東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。卒業時にアカンサス音楽賞及び同声会賞を受賞し、同声会新人演奏会出演。
平成22年度平和堂財団芸術奨励賞受賞。第17回コンセール・マロニエ21声楽部門第1位。NHK-FMリサイタル・ノヴァに出演。第62回藝大メサイアのアルトソリストを務める。
現在、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程独唱科に在籍。
これまでに声楽を小木谷好美、寺谷千枝子の各氏に師事。


山中惇史(やまなか あつし) ピアノ
1990年生まれ。愛知県岡崎市出身。7歳よりピアノを、16歳より作曲を始める。
作品は様々なジャンルに多数ある。2012年6月には、「Jungle」が、藝大フィルハーモニア(指揮・高関健)によって初演された。2012年3月には、ユーロアジア国際コンクールの課題曲として作曲した「danza」がコンテスタントによって 初演され、同時に公式伴奏者を務めた。
漆原啓子(Vn)、清水高師(Vn)、黒川侑(Vn)、三縄みどり(Sop)、矢野顕子(シンガーソングライター)各氏と共演、又は委嘱を受けるなど、ピアニスト、作曲家として活動している。2011年の公開レッスンでは、伝説の巨匠、イヴリー・ギトリス氏(Vn)に絶賛された。作曲を鈴木純明、安良岡章夫、糀場富美子各氏に、ピアノを森陽子、山泉薫、白石光隆、菊地裕介、清水くるみ各氏に師事。東京藝術大学音楽学部作曲科を経て、東京藝術大学大学院音楽研究科修士課程に在籍。


飯野和英(いいの かずひで) ヴィオラ
5歳よりヴァイオリンを始め、印田礼二、吉川朝子両氏に師事。18歳より東京音楽大学に入学。入学時にヴィオラに転向。兎束俊之、大野かおる両氏に師事。東京音楽大学在学中、東京音大シンフォニーオーケストラにて海外演奏旅行に参加。現在東京藝術大学大学院音楽研究科ヴィオラ専攻修士2年に在籍。川崎和憲氏に師事。芸大奏楽堂において、第38回室内楽定期に出演。
イタリア、ピエディルーコ国際音楽祭、フランス、パブロカザルス国際セミナー、第8回ブルクハルト 国際コンクール弦楽器部門審査員賞。第3回蓼科音楽コンクール弦楽器部門第3位。第12回日本演奏家コンクール弦楽器部門第2位(1位無し)。第11回大阪国際音楽コンクールage-U入選。

日時: 7月28日(日)14:00
申込期日: 7月8日(消印有効)
プログラム: Brahms(1833~1897):Zwei Gesange fur Alt
1.Gestillte Sehnsucht
2.Geistliches Wiegenlied
ブラームス:アルトのための2つの歌
1.静められたあこがれ
2.聖なる子守唄

Wagner(1813~1883):Wesendonck Lieder
1.Der Engel
2.Stehe Still
3.Im Treibhaus
4.Schmerzen
5.Traume
ワーグナー:ヴェーゼンドンクの詩による歌曲集
1.天使
2.とどまれ
3.温室にて
4.痛み
5.夢

~休憩~

林光(1931~2012):四つの夕暮の歌
1.夕暮は大きな書物だ
2.誰があかりを消すのだろう
3.誰もいない隣の部屋で
4.死者のむかえる夜のために

定員: 200名
入場料: 無料

 

戸原直 ヴァイオリン・リサイタル



出演:
戸原 直(とはら なお)ヴァイオリン
1993年東京都八王子市出身。
6歳からヴァイオリンを始める。
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、現在東京藝術大学音楽学部3年在籍。
2011・2012年、ミュージックアカデミーin宮崎の受講生コンサートに選ばれ演奏する。
2012年、第17回コンセール・マロニエ21弦楽器部門第1位。2013年9月に宇都宮市で栃木県交響楽団とコンチェルトを演奏予定。
デザインK国際音楽コンクール2012ヴァイオリン一般部門第1位及び全部門グランプリ第1位。
これまでにヴァイオリンを柴田裕子、七澤清貴、齋藤真知亜、漆原朝子、漆原啓子、徳永二男、E・ペレーニの各氏に師事。
ヴィオラを 川崎和憲に師事。
室内楽を松原勝也、川崎和憲、漆原朝子、加藤洋之の各氏に師事。

三又 瑛子(みまた あきこ)ピアノ
仙台市出身。4才よりピアノを始める。桐朋学園大学ピアノ科を首席で卒業。同大学卒業演奏会、室内楽演奏会に出演。第16回ABC新人コンサート、第78回読売新人演奏会に出演。
これまでに、ピアノを庄司美知子、加藤伸佳、田崎悦子、室内楽を加藤知子、徳永二男の各氏に師事。
桐朋学園大学弦楽部嘱託演奏員。石川ミュージックアカデミー、ミュージックアカデミーinみやざき、などで公式伴奏者を務める。

画像クレジット:池沢スタジオ

日時: 2013年5月12日(日)14:00
申込期日: 2013年4月22日(消印有効)
プログラム: Wolfgang Amadeus Mozart  ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(1756-1791)

Sonata for Piano and Violin in G major K.301 ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 第25番 ト長調 K.301

Johannes Brahms ヨハネス・ブラームス(1833-1897)

Sonata for Violin and Piano in G major Op.78 ヴァイオリンソナタ 第1番 ト長調 作品78 「雨の歌」

休憩

Arnold Schonberg アルノルト・シェーンベルク(1874-1951)

Phantasy Op.47 ファンタジー 作品47

Eugene-Auguste Ysaye ウジェーヌ=オーギュスト・イザイ(1858-1931)

Sonata for Violin Solo Op.27-6 in E major 無伴奏ヴァイオリンソナタ 第6番 ホ長調 作品27

Charles Camille Saint-Saens シャルル・ カミーユ・サン=サーンス(1835-1921)

Introduction and Rondo Capriccioso Op.28 序奏とロンド・カプリチオーソ 作品28
定員: 200名
入場料: 無料

Copyright Setagaya Art Museum. All Rights Reserved.