Ars cum natura ad salutem conspirat

ミュージアム コレクションⅢ関連

北大路魯山人関連プログラム
Waを楽しむ ~春のおもてなし~


「Wa(和)のおもてなし」を楽しみませんか?
北大路魯山人は日常生活の中で身近な存在である料理や器に美を追求した作家です。このプログラムでは、「ミュージアム コレクションⅢ」で展示中の魯山人の作品を話題のひとつとして、和の魅力を感じ、食卓を美しく楽しく演出する工夫をご紹介します。お花見をテーマにしたテーブルコーディネートの実演も予定しております。
写真:誠文堂新光社 浜裕子著 「和のテーブルセッティング」掲載写真より 撮影:日下部健史


出演: 講師:浜裕子(フラワー&テーブルコーディネーター)
日時: 3月24日(木)13時30分~15時30分
申込締切日: 申込先着
会場: 当館講堂
定員: 100名
参加費: 参加料:500円

白洲展関連企画

100円ワークショップ「花鳥風月!いろえストラップ」


ヒノキ板に色鮮やかな絵の具で絵を描いて雲母で仕上げ、和風のストラップを作ります。どなたでもその場で参加することができます。


出演: 鑑賞リーダー
日時: 会期中の毎土曜日 13:00~15:00
申込方法: 参加方法:随時受付
会場: 当館地下創作室
対象: どなたでも
参加費: 1回100円


白洲展関連企画

講演会「白洲正子 神と仏、自然への祈り」


出演: 講師:白洲信哉(文筆家 プロデュ―サ―)
日時: 3月19日(土)14:00~15:30
申込方法: 当日10:00より整理券を配布。手話通訳付き
会場: 当館講堂
定員: 150名
参加費: 無料


パフォーマンス・シリーズ トランス/エントランスvol.10

「ほうほう堂@入口」


繊細な感覚と場所との対話から独特の“間”をもつダンスをつくる「ほうほう堂」が、当館のエントランスでわくわくする一夜を演出します。※2回上演、入れ替え制です。


出演: 振付・出演:ほうほう堂(新鋪美佳+福留麻里)、映像:須藤崇規
日時: 2011年3月3日(木)①19時~②20時20分~(開場は各回15分前)
申込方法: ※19時~/20 時20分~いずれの回も満席となりました。キャンセルが出た場合には当日券を販売いたします。(各回の開演30 分前より受付いたします。)
会場: 当館エントランス
定員: 各回40名
参加費: 予約・当日とも2000円(中学生以下無料)


佐藤忠良展関連

どうやってつくるの? ブロンズ彫刻編~指で作った形が金属になる?? 2月20日


金属なのに、指のあとがくっきり残るブロンズ彫刻。その作り方を体験とレクチャーで学び、実際に、低融点合金によるメダル(ブローチ)を鋳造します。(内容共通で2月11日と2月20日の2回実施します。)


出演: 講師: 染矢義之(彫刻家)
日時: 2011年2月20日(日)
両日とも13時~16時30分
申込締切日: 抽選
申込方法: 申込締切は2月10日(必着)親子、兄弟でお申し込みの場合はその旨を備考欄にご記入ください。
定員: 20名(応募多数の場合は抽選)
対象: 小学4年生~一般
参加費: 3,000円(材料費)


佐藤忠良展関連

講演会「佐藤忠良のしごと」


出演: 講師:三上満良(宮城県美術館学芸員)
日時: 2011年2月19日(土)
13時30分開場、14時開演
申込方法: 当日10:00より整理券を配布。手話通訳付き
会場: 当館講堂
定員: 150名
参加費: 無料


佐藤忠良展関連

幼児対象プログラム ぷる・ま・しぇり ~こどもといっしょに~ 「忠良さんの絵本を朗読で楽しむ 2月13日 午後の部」


スクリーンに映し出される佐藤忠良の絵本『おおきなかぶ』『ゆきむすめ』を、パフォーマンス、または、朗読でお楽しみいただくシリーズ。2月13日は朗読です。午前(10:30~11:30)、午後(14:00~15:00)どちらも同じ内容で2回おこないます。
佐藤忠良展では同絵本原画や彫刻なども展示しております。朗読終了後、お子さまと一緒にご覧下さい。
★こちらは2月13日午後の申込フォームです。
図版: 《絵本『おおきなかぶ』原画》1962年 宮城県美術館蔵


出演: 富本京子、荒木たくみ、高橋純ほか(山の木文庫)
日時: 2011年2月13日(日)午後の部14時~15時
申込締切日: 申込先着
申込方法: 備考欄に必ず参加人数と、お子さんの年齢をご記入ください。
会場: 当館講堂
定員: 40組
対象: 幼児とその保護者
参加費: 無料(保護者は展覧会チケットが必要)


佐藤忠良展関連

幼児対象プログラム ぷる・ま・しぇり ~こどもといっしょに~ 「忠良さんの絵本を朗読で楽しむ 2月13日 午前の部」


スクリーンに映し出される佐藤忠良の絵本『おおきなかぶ』『ゆきむすめ』を、パフォーマンス、または、朗読でお楽しみいただくシリーズ。2月13日は朗読です。午前(10:30~11:30)、午後(14:00~15:00)どちらも同じ内容で2回おこないます。
佐藤忠良展では同絵本原画や彫刻なども展示しております。朗読終了後、お子さまと一緒にご覧下さい。
★こちらは2月13日午前の申込フォームです。
図版: 《絵本『おおきなかぶ』原画》1962年 宮城県美術館蔵


出演: 富本京子、荒木たくみ、高橋純ほか(山の木文庫)
日時: 2011年2月13日(日)午前の部10時30分~11時30分
申込締切日: 申込先着
申込方法: 備考欄に必ず参加人数と、お子さんの年齢をご記入ください。
会場: 当館講堂
定員: 40組
対象: 幼児とその保護者
参加費: 無料(保護者は展覧会チケットが必要)


佐藤忠良展関連

どうやってつくるの? ブロンズ彫刻編~指で作った形が金属になる?? 2月11日


金属なのに、指のあとがくっきり残るブロンズ彫刻。その作り方を体験とレクチャーで学び、実際に、低融点合金によるメダル(ブローチ)を鋳造します。(内容共通で2月11日と2月20日の2回実施します。)


出演: 講師: 染矢義之(彫刻家)
日時: 2011年2月11日(金祝)     13時~16時30分
申込締切日: 抽選
申込方法: 申込締切は2月1日(必着)親子、兄弟でお申し込みの場合はその旨を備考欄にご記入ください。
定員: 20名(応募多数の場合は抽選)
対象: 小学4年生~一般
参加費: 3,000円(材料費)


佐藤忠良展関連

幼児対象プログラム ぷる・ま・しぇり ~こどもといっしょに~ 「忠良さんの絵本をパフォーマンスで楽しむ 2月8日 午後の部」


スクリーンに映し出される佐藤忠良の絵本『おおきなかぶ』『ゆきむすめ』を、パフォーマンス、または、朗読でお楽しみいただくシリーズ。2月8日はパフォーマンスです。午前(10:30~11:30)、午後(14:00~15:00)どちらも同じ内容で2回おこないます。
佐藤忠良展では同絵本原画や彫刻なども展示しております。パフォーマンス終了後、お子さまと一緒にご覧下さい。
★こちらは2月8日午後の申込フォームです。
図版: 《絵本『おおきなかぶ』原画》1962年 宮城県美術館蔵


出演: 柏木陽(演劇家、NPO法人演劇百貨店代表)
日時: 2011年2月8日(火)午後の部14時~15時
申込締切日: 申込先着
申込方法: 備考欄に必ず参加人数と、お子さんの年齢をご記入ください。
会場: 当館講堂
定員: 40組
対象: 幼児とその保護者
参加費: 無料(保護者は展覧会チケットが必要)


佐藤忠良展関連

幼児対象プログラム ぷる・ま・しぇり~こどもといっしょに~ 「忠良さんの絵本をパフォーマンスで楽しむ 2月8日 午前の部」


スクリーンに映し出される佐藤忠良の絵本『おおきなかぶ』『ゆきむすめ』を、パフォーマンス、または、朗読でお楽しみいただくシリーズ。2月8日はパフォーマンスです。午前(10:30~11:30)、午後(14:00~15:00)どちらも同じ内容で2回おこないます。
佐藤忠良展では同絵本原画や彫刻なども展示しております。パフォーマンス終了後、お子さまと一緒にご覧下さい。
★こちらは2月8日午前の申込フォームです。
図版: 《絵本『おおきなかぶ』原画》1962年 宮城県美術館蔵


出演: 柏木陽(演劇家、NPO法人演劇百貨店代表)
日時: 2011年2月8日(火)午前の部10時30分~11時30分
申込締切日: 申込先着
申込方法: 備考欄に必ず参加人数と、お子さんの年齢をご記入ください。
会場: 当館講堂
定員: 40組
対象: 幼児とその保護者
参加費: 無料(保護者は展覧会チケットが必要)


佐藤忠良展関連

ワークショップ「誰もいない美術館で」 vol.30 「セキララ、セキララ 子ども&大人編」


展覧会からヒントを得て、ダンスや演劇を創作するワークショップ・シリーズ。閉館後「誰もいない美術館で」、発表会を行います。


出演: 柏木陽(演劇家、NPO法人演劇百貨店代表)、新井英夫(体奏家)
日時: 2011年1月29日(土)、30日(日)
両日とも13時~18時
(発表会:30日、19時~20時)
申込締切日: 申込先着
会場: 当館地下創作室B
対象: 10代=15名程度、20歳以上=5名程度
参加費: 無料(20歳以上は2,000円)


佐藤忠良展関連

100円ワークショップ「ブロンズねんどでメダルをつくろう!」


小さなお子様から大人の方まで、どなたでも、その場で気軽に参加できる簡単な工作など。


出演: 鑑賞リーダー
日時: 2011年2月20日(日)     13時~16時30分
申込方法: 参加方法:随時受付
会場: 当館地下休憩所
対象: どなたでも
参加費: 1回100円


橋本平八と北園克衛展関連

サウンド・インスタレーション


「音楽はその時空の比例を逆転して音響芸術となるべきであろう」―北園克衛の言葉を導きの糸に、展覧会の最終週、展示室出口から続く廊下を音響空間として演出します。


出演: アーティスト:生形三郎(音楽家)
日時: 12月7日(火)~12日(日)
会場: 当館1階渡り廊下


橋本平八と北園克衛展関連

ワークショップ「木に宿る精神」


橋本平八の作品《石に就て》にちなんだ木彫を制作し、平八が木のなかに何を見出したかを追体験します。


出演: 講師:三宅一樹(彫刻家)
日時: 12月4日(土)10時~16時30分
申込方法: 申し訳ありませんが、既に定員に達したので締め切らせていただきます。
会場: 当館地下創作室
定員: 20名(要事前申込、先着順)
対象: 高校生以上
参加費: 2,000円(展覧会入場券含む)


橋本平八と北園克衛展関連

展示室レクチャー「北園克衛を語る」4


出演: 講師:白石かずこ(詩人)
日時: 11月14日(日)18時より
(17時30分までにご入場ください)
会場: 当館展示室
参加費: 無料(展覧会入場券が必要です)


「小堀四郎と鴎外の娘」展の関連イベント

講演会「小堀四郎と小堀杏奴」


出演: 講 師:小尾俊人(おび・としと/編集者・元みすず書房)
日時: 11月14日(日)14:00~15:30(終了予定)
申込方法: 当日10:00より整理券を配布。手話通訳付き
会場: 当館講堂
定員: 150名
参加費: 無料


橋本平八と北園克衛展関連

展示室レクチャー「北園克衛を語る」3


出演: 講師:金子隆一(写真史家、東京都写真美術館専門調査員)
日時: 11月13日(土)18時より
(17時30分までにご入場ください)
会場: 当館展示室
参加費: 無料(展覧会入場券が必要です)


橋本平八と北園克衛展関連

ワークショップ「誰もいない美術館で」vol.29
「兄と弟のないしょ話 子ども&大人編」


展覧会にヒントを得て、演劇やダンスを創作するワ ークショップシリーズ。今回は「橋本平八と北園克衛展」が舞台です。石ころを木彫りでつくった兄と、写真を撮ってこれこそ詩だという弟・・・不思議な兄弟芸術家の謎を、演劇にしてみましょう!閉館後の誰もいない展示室で、発表会を行います。


出演: 講師:柏木陽(演劇家、NPO法人演劇百貨店代表)、
ゲスト:山内健司(俳優 劇団青年団)
日時: 11月6日(土)、7日(日)両日とも13時~18時
(発表会:7日、19時~20時)
申込締切日: 先着
申込方法: 申し訳ありませんが、20歳以上の方の募集は定員に達したので締め切らせていただきます。なお、10代の方はまだ募集しております。
会場: 当館地下創作室ほか
定員: 10代=15名程度、20歳以上=5名程度(要事前申込、先着順)
参加費: 無料(20歳以上は2,000円)


橋本平八と北園克衛展関連

講演会「橋本平八―作品と思想」


出演: 講師:毛利伊知郎(三重県立美術館学芸員)
日時: 11月6日(土)13時30分開場、14時開演
申込方法: 当日10:00より整理券を配布。手話通訳付き
会場: 当館講堂
定員: 150名(当日先着)
参加費: 無料


橋本平八と北園克衛展関連

展示室レクチャー「北園克衛を語る」2


出演: 講師:浅葉克己(アートディレクター)
日時: 11月5日(金)18時より
(17時30分までにご入場ください)
会場: 当館展示室
参加費: 無料(展覧会入場券が必要です)


世田谷美術館×世田谷区民健康村 ワークショップ

芸術収穫祭


収穫の秋、芸術の秋、そして食欲の秋!すべてを満たす贅沢なワークショップです。
生命力あふれる新鮮野菜のスケッチ教室、収穫体験。そして夜は、その採れたての野菜を使ったお料理を古民家の囲炉裏端で堪能します。芸術収穫祭で心も体もリフレッシュしてみませんか?


出演: リーダー: 三宅 一樹 (アーティスト・世田谷美術館美術大学講師)
日時: 10月30日(土)-31日(日) 一泊二日
申込方法: 募集期間:平成22年9月15日(水)~10月10日(日)
申込方法:ハガキまたはファックスにて、①イベント名 ②住所 ③氏名(要ふりなが) ④年齢 ⑤電話番号を明記の上、募集期間内(消印有効)に世田谷区民健康村までお申し込みください。

お申し込み・お問い合わせ先:〒378-0101 群馬県利根郡川場村谷地1320世田谷区民健康村 Tel:0278-52-3311   Fax:0278-52-3313
会場: 群馬県川場村世田谷区民健康村
定員: 20名(抽選)
対象: 18歳以上の世田谷区在住・在勤・在学の方、または川場村在住の方
参加費: 7,500円(宿泊・食事・保険代・材料費含む)


橋本平八と北園克衛展関連

展示室レクチャー「北園克衛を語る」1


出演: 講師:藤富保男(詩人)
日時: 10月30日(土)18時より
(17時30分までにご入場ください)
会場: 当館展示室
参加費: 無料(展覧会入場券が必要です)


橋本平八と北園克衛展関連

第1部:講演会「北園克衛と海外の詩人たち」
第2部:パフォーマンス「北園克衛の世界」


出演: 第1部 
講師:ジョン・ソルト(ハーバード大学 エドゥイン・O・ライシャワー日本研究所研究員)、
田口哲也(同志社大学教授)

第2部 
出演:西松布咏(邦楽家)、
大野慶人(舞踏家)
日時: 10月24日(日)13時30分開場、14時開演
申込方法: 当日10:00より整理券を配布。手話通訳付き
会場: 当館講堂
定員: 150名(当日先着)
参加費: 無料


橋本平八と北園克衛展関連

100円ワークショップ《石になにが見える?》


いろいろな形の石…なんの形にみえるでしょう?ひと、どうぶつ、むし、それとも…?形が見えてきたら、絵の具で色をぬってみよう!


出演: 鑑賞リーダー
日時: 展覧会会期中の土曜日13時~15時
申込方法: 参加方法:随時受付
会場: 当館地下休憩所
対象: どなたでも
参加費: 1回100円


ヴィンタートゥール展関連企画

講演会「ナビ派とその時代」


出演: 講師:天野知香(お茶の水女子大学准教授)
日時: 9月25 日(土) 14:00~15:30
申込方法: 当日10:00より整理券を配布。手話通訳付き
会場: 当館講堂
定員: 150名
参加費: 無料


ヴィンタートゥール展関連

100円ワークショップ「動く!ルソー人形」


ルソーの絵画をもとにハトメで動く紙人形を作ります。ご好評につき、追加開催決定!どなたでもその場で参加することができます。


日時: 9月18日、9月25日、10月2日、10月9日(全て土曜日) 13:00~15:00(随時受付)
会場: 当館地下創作室
対象: どなたでも
参加費: 一回100円


ワークショップ「米粒から見える!世田谷のすがた」


米粒=ひと一人として、世界のさまざまな統計を米の山で表現するバーミンガムの劇団、「スタンズ・カフェ」の団員による世田谷版ワークショップ。世田谷で生まれた人、一人暮らしの人、引っ越していった人・・・世田谷にまつわる様々な人の数を調べて、米粒の山にしてみましょう。並べて比べると意外な発見が!


出演: 講師:スタンズ・カフェ劇団員(通訳付き)
日時: 9 月18日(土)10 :30~12 :00
申込方法: 申し訳ありませんが、既に定員に達したので締め切らせていただきます。
会場: 当館地下創作室B
定員: 20 名(申込先着順)
対象: 小学4年生以上の方
参加費: 無料


ヴィンタートゥール展関連企画

講演会「心の山並みを描くスイスの画家たち」


出演: 講師:前田富士男(中部大学教授・慶應義塾大学名誉教授・日本学術会議会員)
日時: 9月11日(土) 14:00~15:30
申込方法: 当日10:00より整理券を配布。手話通訳付き
会場: 当館講堂
定員: 150名
参加費: 無料


ヴィンタートゥール展関連企画

子どもとデート


子育て中に、芸術に触れる時間、つくりませんか?今日は、ちょっと日常から離れてみる日にしてみませんか?お子さんと一緒に、展示室でスイスの空気を吸ってみましょう。胸いっぱいに深呼吸したら、明日、もっと元気になれるかも…。ドキドキワクワクのデートプランがあなたをお待ちしております♪


日時: 9月9日(木)または16日(木) 各日15:00~16:00
※いずれか一日ご指定ください。
申込締切日: 申込抽選(8月20日締切)
申込方法: ※プログラムは両日ともに同じです。
※参加希望日を申込フォームの備考欄にご記入ください。
※対象児童より小さいご兄弟は一緒に参加できます(申込フォームの備考欄にその旨お書き下さい)。
会場: 当館1F展示室ほか
定員: 抽選10組(子と保護者の2人1組)
対象: 3~5歳までの子どもとその保護者
参加費: 無料(保護者は展覧会チケットが必要)


ヴィンタートゥール展関連企画

ナイトツアー


閉館後のヒミツの美術館に探検します。


出演: 鑑賞リーダー
日時: 8月28日(土) 18:30~20:00
申込締切日: 申込抽選(8月14日締切)
会場: 当館館内全域
定員: 抽選20名
対象: 小学4年生~中学生
参加費: 無料


ヴィンタートゥール展関連企画

講演会「アルベルト・ジャコメッティと父ジョヴァンニ(スイス印象派の画家)をめぐって」


出演: 講師:武田昭彦(美術評論家)
日時: 8月21日(土) 14:00~15:30
申込方法: 当日10:00より整理券を配布。手話通訳付き
会場: 当館講堂
定員: 150名
参加費: 無料


ヴィンタートゥール展関連企画

子ども美術大学


印象派から20世紀美術まで、100年の美術を4日間で学ぶ本格的な「子ども美術大学」開講!
モネ、ゴッホ、クレー、ピカソなど、ヨーロッパの巨匠たちの作品を参考に、様々な技法を使って作品を制作し、展覧会をおこないます。


出演: 講師:三宅一樹(彫刻家)、光平伴治(アーティスト) 他
日時: 8月10日(火)~13日(金) 10:30~16:00 
※4日間とも参加できる方に限ります。
申込締切日: 申込抽選(7月31日締切)
会場: 当館創作室ほか
定員: 抽選20名
対象: 小学4年生~中学生
参加費: 参加費:1000円(材料費)


ヴィンタートゥール展関連企画

100円ワークショップ


小さいお子様から大人の方まで、どなたでもその場で気軽に参加できる簡単な工作など。


出演: 鑑賞リーダー
日時: 8月7日~28日の期間中 毎金・土曜日 14:00~16:00
申込方法: 時間中随時受付
会場: 当館創作室C
参加費: 100円


ヴィンタートゥール展関連企画

ギャラリーガイド


小・中学生を対象とした鑑賞リーダーによる展覧会の案内


出演: 鑑賞リーダー
日時: 8月7日~28日の期間中 毎金・土曜日 13:00~14:00
会場: 当館1F展示室
対象: 小・中学生
参加費: 無料


ミュージアム・セッション2010

特別講演「手で見る美術 ポンピドゥー・センターの試み」


アートと教育に関心のある方のためのレクチャー・シリーズ「ミュージアム・セッション」では、視覚障害者の美術鑑賞の方法論を模索する、海外の先進事 例をご紹介しています。

今年はフランスのポンピドゥー・センターの教育普及活動担当者をお迎えし、2009年から同センターで公開が始まった、ピカソやルソーなどの絵画を「手で見る」コーナーのアプローチについてお話しいただきます。 現実空間とは異なる絵画独自の「空間」を、視覚に頼らずに理解することはどのように可能になるのでしょうか?視覚障害者に関わる方はもちろん、絵画を新たな視点で見直したい方にとっても、知的刺激に満ちたひとときになるでしょう。


出演: アニタ・デル・ヴィット(ポンピドゥー・センター教育普及担当)※通訳つき
日時: 8月4 日(水) 13:30開場 14 :00開演
会場: 当館講堂
定員: 150名(当日先着)
参加費: 500円(障害者およびその介助者は無料)
その他: 企画協力:npo法人視覚障害者芸術活動推進委員会、ギャラリー tom


INSIDE/OUT 2010

東野祥子ソロダンス「I am aroused..............Inside woman」


「INSIDE/OUT 2010」は、「建築と身体」をテーマとしたダンスプログラム。昨年12月、当館を設計した建築家・内井昭蔵の展覧会にて、3人の気鋭の振付家が館内外でパフォーマンスを展開し大きな反響を呼んだ「INSIDE/OUT 建築の時間・ダンスの瞬間」に続く、第二弾となります。今回は、ダンスカンパニー「Baby-Q」を主宰し、世界からも注目されている振付家・ダンサー、東野祥子のソロ作品を上演します。
東野祥子は、さまざまな場所で踊ることでダンスの回路を切り開き、Baby-Qでは身体を軸にダンスを織り成す様々な要素をコラージュし、虚構と現実が交錯する独自のダンス世界を発信し続けています。今回東野は、当館の建築空間のシンボルである樹齢百数十年のクヌギの大樹や暮れゆく時間の変化などの自然環境からインスパイアされ、2008年に初演したカンパニー作品『私はそそられる I am aroused』を再構築したソロを上演する予定です。
夏の夜、東野の生来の踊り手としての傑出した身体、音、映像で切り取られた空間で何が起こるか―ぜひお立ち会いください。


出演: 東野祥子[構成・演出・振付・出演] http://www.baby-q.org/
カジワラトシオ[音楽]
斉藤洋平(rokapenis)[映像]
日時: 7月31日(土)&8月1日(日)18:30開場(日没とともに開演)
*終演後ゲスト・トークあり
会場: 当館くぬぎ広場
定員: 各日150名(当日先着)
参加費: 1500円(中学生以下および障害者とその介護者は無料)
その他: テクニカル・ディレクター=遠藤豊(LUFTZUG)
フライヤーデザイン=京(kyo.designworks)
映像記録=たきしまひろよし
写真記録=桧原勇太
主催/企画・制作=世田谷美術館(せたがや文化財団)、NPO法人Offsite Dance Project

*芝生の上でご覧いただきます。ベルギービール等のドリンク販売あり
*荒天の場合は、会場を変更して実施します。

写真:井上嘉和


ティオリエ展関連企画

ワークショップ「誰もいない美術館で」vol.28 写真の演劇 10代編


10代のみなさん!展覧会の作品からヒントをもらって、ちょっと変わった演劇をつくりませんか?閉館後に展示室で発表会を行います。


出演: ナビゲーター:柏木陽(演劇家)、高橋あい(写真家)
日時: 7月18日(日)&19日(月・祝)13:00~18:00(発表会は19日19:00)
申込締切日: 申込み先着
会場: 当館創作室ほか
定員: 20名
対象: 10代の方
参加費: 無料


ティオリエ展関連企画

ワークショップ「誰もいない美術館で」vol.27 写真の演劇 大人編


展覧会の作品からヒントをもらってダンスや演劇をつくりましょう!閉館後に展示室で発表会を行います。


出演: ナビゲーター:柏木陽(演劇家)
日時: 6月26日(土)&27日(日)13:00~18:00(発表会は27日19:00)
申込締切日: 申込み先着
会場: 当館創作室ほか
定員: 20名
対象: 20歳以上
参加費: 2,000円(2日間通し)


ティオリエ展関連企画

「19世紀末・東京」~幕末・明治追想紀行~ シリーズ其の弐「庶民の19世紀末・銭湯文化と東京」


19世紀末のフランスの地方都市サン=テティエンヌを拠点に写真を撮り続けたフェリックス・ティオリエ。彼の生きた時代は炭鉱や機械産業、繊維産業などが急速に発達した、まさにフランス都市近代化の真っ只中でした。一方、東京では明治維新とともに武家社会から一転して、西洋文化を積極的に取り入れた近代国家による近代都市化が急激に始まります。国家体制の整備や教育機関はもとより、銀行をはじめとする金融制度など数々の改革が行われ、その象徴として多くの建造物が東京に出現したのです。今回は2人の案内人の2つのシリーズによって、幕末から明治へと大きく変貌を遂げた「東京」の19世紀末を現在の街から透視し、その僅かな残り香を追想、体感することを試みます。


出演: 案内人:町田 忍(庶民文化研究家)
日時: 6月26日、7月3日、7月10日(全て土曜日)
13:30現地集合 17:00頃現地解散
申込方法: 申込はシリーズごとに。2シリーズ通し申込可(この場合参加費は5,000円)。
申込締切日:5月15日
申込方法:往復はがき(連名申込可)
会場: 東海道品川宿幕末コース、
上野、池之端・庶民文化コース、
特別番外編・横浜文明開化コース(予定)
定員: 抽選30名
対象: 一般
参加費: 3,000円(三日間通し)※交通費など実費は別
その他: *3日間とも「体験入浴」があります。お風呂セットをご持参下さい。


世田谷美術館子どもコンサート企画

大人も楽しめる 子どものための物語と邦楽のひととき No.5


出演: 出演:牧原くみ子(筝)、富緒清律(三絃)、芦垣皞盟(尺八)、高橋章子(フルート)他、こども邦楽教室有志
司会:長谷川慎
日時: 6月13日(日) 14:00~15:30
会場: 当館講堂
定員: 100名
参加費: 大人1,000円(当日券のみ) 
高校生以下無料
その他: 主催:世田谷美術館、世田谷三曲協会こども邦楽教室
問合せ:世田谷三曲協会 03-3426-4163


ティオリエ展関連企画

「19世紀末・東京」~幕末・明治追想紀行~ シリーズ其の壱「川ノ手と山ノ手・幕末からの変貌都市“東京”」


19世紀末のフランスの地方都市サン=テティエンヌを拠点に写真を撮り続けたフェリックス・ティオリエ。彼の生きた時代は炭鉱や機械産業、繊維産業などが急速に発達した、まさにフランス都市近代化の真っ只中でした。一方、東京では明治維新とともに武家社会から一転して、西洋文化を積極的に取り入れた近代国家による近代都市化が急激に始まります。国家体制の整備や教育機関はもとより、銀行をはじめとする金融制度など数々の改革が行われ、その象徴として多くの建造物が東京に出現したのです。今回は2人の案内人の2つのシリーズによって、幕末から明治へと大きく変貌を遂げた「東京」の19世紀末を現在の街から透視し、その僅かな残り香を追想、体感することを試みます。


出演: 案内人:大竹 誠(遺留品研究所所長、東京造形大学教授)
日時: 5月29日、6月5日、6月12日(全て土曜日)
13:30現地集合 17:00頃現地解散
申込方法: 申込はシリーズごとに。2シリーズ通し申込可(この場合参加費は5,000円)。
申込締切日:5月15日
申込方法:往復はがき(連名申込可)
会場: 日本橋川から隅田川コース、
五反田島津山から高輪、白金台コース、
緊急特集・再生都市東京~消える街(予定)
定員: 抽選30名
対象: 一般
参加費: 3,000円(三日間通し)※交通費など実費は別


ティオリエ展関連企画

100円ワークショップ「100年前のひかり」


19世紀の白黒写真から、当時の光と色を想像してカラフルなポストカードを作ります。どなたでもその場で参加できます。


出演: 鑑賞リーダー
日時: 展覧会会期中の毎週土曜日13:00~15:00
申込方法: 時間中随時受付
会場: 地下無料休憩所
対象: どなたでも
参加費: 100円


川上澄生展関連企画

講演会「江戸・明治を夢想した川上澄生」


出演: 講師:青木茂(美術史家、文星芸術大学特任教授)
日時: 5月1日(土)14:00~15:30
申込方法: 当日10:00より整理券を配布。手話通訳付き
会場: 当館講堂
定員: 当日先着150名
参加費: 無料


川上澄生展関連企画

ワークショップ「誰もいない美術館で」vol.26 3枚の絵から 子ども&大人編


展覧会の作品からヒントをもらってダンスや演劇をつくりましょう!「子ども&大人編」は、閉館後に発表会を行います。


出演: ナビゲーター:柏木陽(演劇家)、酒井幸菜(振付家・ダンサー)
日時: 5月1日(土)&2日(日)13:00~18:00(発表会は2日19:00)
申込締切日: 申込み先着
会場: 当館創作室ほか
定員: 10代=15名程度、20歳以上=5名程度
対象: 10歳以上
参加費: 無料(20歳以上は2,000円)


川上澄生展関連企画

ワークショップ「誰もいない美術館で」vol.25 3枚の絵から 子ども編


展覧会の作品からヒントをもらってダンスや演劇をつくりましょう!


出演: ナビゲーター:柏木陽(演劇家)
日時: 4月25日(日)13:00~18:00
申込締切日: 申込み先着
会場: 当館創作室ほか
定員: 20名
対象: 小学生
参加費: 無料


川上澄生展関連企画

講演会「川上澄生の作品と生涯」


出演: 講師:竹山博彦(美術史家、実践女子大学非常勤講師)
日時: 4月24日(土)14:00~15:30
申込方法: 当日10:00より整理券を配布。手話通訳付き
会場: 当館講堂
定員: 当日先着150名
参加費: 無料


石山修武・春の午後のレクチャー

生きのびるための建築―真夏の夜の夢の又夢・連続21講その後


2008年度に当館で開催した「建築がみる夢―石山修武と12の物語」展でおこなわれた「真夏の夜の夢連続レクチャー」が、『生きのびるための建築』として刊行されることになりました。これを記念して、石山氏がこの2年間でさらに考えてきた新たなことも織り交ぜながら、今、建築について考えていることを語ります。


出演: 講師:石山修武(建築家)
日時: 4月17日(土)14時~16時
申込方法: メール予約:>> 早稲田大学石山修武研究室
会場: 当館講堂
定員: 150名(要事前予約)
参加費: 無料
その他: 主催: 世田谷美術館、NTT出版株式会社


川上澄生展関連企画

100円ワークショップ「はんが・あそび」


発泡スチロールのボードを使った簡単な版画です。どなたでもその場で参加できます。


出演: 鑑賞リーダー
日時: 展覧会会期中の毎週土曜日13:00~15:00
申込方法: 時間中随時受付
会場: 地下無料休憩所
対象: どなたでも
参加費: 100円


世田谷美術館さくら祭


お花見の名所-砧公園に隣接する美術館の中庭で、出店やフリーマーケット、小さなお子さんから、大人の方まで、その場で気軽に参加できるワークショップ、ライブなど、もりだくさんの楽しいイベントを開催いたします。


日時: 4月3日(土)、4月4日(日)10:00~16:00
会場: 美術館くぬぎ広場(雨天館内)


Copyright Setagaya Art Museum. All Rights Reserved.