清川泰次記念ギャラリー


第2期

新収蔵作品を中心にⅡ
清川泰次 線と色の交錯

2016年8月6日~12月4日


《日没-59》1959年

1951年の渡米を機に、本格的に抽象表現へと移行した清川泰次。最初の渡米から1963年の再渡米までの間に制作された、色面と線が複雑に交錯する実験的な作品の数々をご紹介します。